広告を消しておく
- 2016/07/15(Fri) -
:)

なんか書くか
この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
交易・トレードガイド
- 2016/02/11(Thu) -
トレードのさわりだけ。

目録
(1)トレードの概要
(2)トレードの種類
 (2-1)交易
 (2-2)ステーショントレード
 (2-3)廃品回収
 (2-4)NPCトレード
(3)トレードキャラを作る
 (3-1)トレードキャラの在り方
 (3-2)スキル
 (3-3)税金対策



(1)概要


物を安く買って高く売り、利益を上げる活動。他の大部分のMMOと異なり、プレイヤーによる市場経済が成り立っている事がEVEオンラインの特徴であり、生きた人間を相手に取引を行うため、PvPに分類されることもある。
数あるEVEオンラインのアクティビティの中でも、最も稼げるコンテンツの一つである。


(2)トレードの種類と手法


(2-1)ステーション間交易
2点間のステーションの価格差から利益を生み出す。Jita,Amarr,Dodixie,Rens,Hekといった主要ハブ間で行われる事が多い。利益率は比較的良好で、フレイター1隻あたり片道100mil前後の利益は難しくない。
欠点としては、輸送方法を確立する必要がある事。また、リアルタイムな相場監視のため、サブアカウントの使用が推奨される。
Tips: EVE-centralなどのトレードツールを用いてプランを立てるとやりやすい。但し一見利益が良くても売り抜き辛いアイテム等には注意。また、突発的に高騰している商品も割とすぐに暴落するので、あまり利益を期待しないほうがいい。フレイターなら薄利多売くらいが丁度良い。

(2-2)ステーショントレード
一つのステーション内で売りオーダーと買いオーダーを同時に出し、その価格差から利益を得る手法。1キャラで完結する手軽さが魅力で、オーダーの数に比例して利益も増える。
欠点としては、利益率が低いため売買税を常に気にする必要がある事と、オーダーが増えるに従い価格の更新が若干面倒になる事が上げられるが、それでも手間に対して稼ぎは優秀。
1日の稼ぎはステーショントレードに5bil投資し、定期的にオーダーを更新した場合、数百mil/日 程度(体感)。
Tips: ステーショントレードでは、高額かつ利益率の低い商品に特に注意すること。PLEXなどは取引量も多く、売買の価格差も数10mil程度あるが、税金も同様に数10mil程度かかる事があるので、しっかり計算しないと実はマイナスになっているという事もある。なお、売り買い両方オーダーを出して取引する際は、2回分のブローカー手数料(0.25~4%)と、1回分のセールスタックス(0.75~1.5%)を取られる。
税率の合計 > 利益率 ではただの赤字。


(2-3)廃品回収
ハブ周辺のシステムにて安値で売られている商品を買い付け、ハブに持ち込んで売る手法。
少数の安売りオーダー頼みなので、大規模に行うことは出来ないが、利率が良い上、手早く現金に戻しやすいためトレード初心者向け。
Tips:リージョンをまたいで商品を探したほうが、安売りを見つけやすい。Jitaで販売することを考えるならば、Lonetrekやthe Citadelに足を延ばして商品を漁ると良い。

(2-4)NPCトレード
トレード品のNPC販売・買取の価格差を利用したお金稼ぎ。イメージとしては大航海時代シリーズの近海交易そのもの(ただしEVEは遠方から相場チェックが可能)。プレイヤー相手のトレードよりも利益は大きく劣るが、輸送艦スキルのみで行う事ができ、採掘艦並みの時給となる場合もあるので、ゲーム最序盤の金稼ぎには良い。
Tips: NPCの売買量には上限がある。上限を超えると相場が変動する。また、1回の取引で上限を超える数の売買は出来ない。(NPCの買いオーダーの上限を超えて商品を売りつけると、買われなかった分が自分の売りオーダーとして残ってしまう。そしてそんな物は誰も買わない。 ※即時売りの場合は心配無用)


(3)トレードキャラを作る


(3-1)トレードキャラの在り方
トレードキャラは基本的に、ステーションから出ない事が望ましい。
トレードキャラを輸送役として用いるのも良いが、いざ相場チェックや価格調整が必要になった時に、ハブから離れていてはやや不便さがある。また、輸送キャラとして育てていくにつれて、JFの運用などでハブから離れる時間も長くなるため、可能なら分けるべきである。

(3-2)スキル
トレード関連のスキルは次のとおり。
①オーダー数増加系 (RetailをLv2か3まで上げれば割と十分。ステーショントレードを極めるならTycoonも視野に)
Trade
Retail
Wholesale
Tycoon

②レンジ系 (輸送兼用キャラならDaytradingがあると少し便利。ステーションから出ないなら不要)
Marketing
Daytrading
Procurement
Visibility

③節税系 (AccountingとBroker Relationsは5までの取得を。Margin Tradingは資金が少ないうちは便利だが、重要ではない。)
Accounting
Broker Relations
Margin Trading

(3-3)税金対策
トレードに関連する税金は主に次のとおり。

①セールスタックス
マーケット上で売買が成立した際、売り手が払う税金。売値の1.5%をベースに、Accountingスキルレベルごとに0.15%ずつ減税される。

②ブローカー手数料
マーケット上にオーダーを登録する際にNPCに支払われる手数料。オーダーを登録するステーションの会社および、ファクションに対するスタンディングによって増減する。また、Broker Relationsスキルごとに0.05%安くなる。具体的な公式は次のとおり。
手数料 = (1 – 0.05 * Broker Relationsスキルレベル) / 2^(0.14 * ファクションスタンディング + 0.06 * コープスタンディング)

税金の対策としては次の3種類が考えられる。
A. AccountingスキルおよびBroker Relationsスキルを上げる
B. スタンディングを上げる
C. マーケットを経由しない取引方法を取り入れる


B.のスタンディングについては、connectionなどのソーシャルスキルを上げ、データセンターでスタンディングを買い、ミッションやCos-mosをこなす事で地道に上げるのがポピュラーである。
ファクションスタンディングに関しては、FWミッションをこなして階級を上げることで、スタンディングの底上げする事が出来る。但し敵対ファクションのスタンディングは下がるので、運用ステーションを限定する場合に推奨される。

C.に関しては、メーリングリスト「Wholesale Trading」等でバルク売りされている品を契約で購入することで、相場より安く、かつ税金を払わずに調達出来る可能性がある。
この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
【アプデ情報】スキルポイントのトレードについて
- 2015/10/20(Tue) -
適当翻訳と要約
http://community.eveonline.com/news/dev-blogs/exploring-the-character-bazaar-skill-trading/


(1)現状のキャラクターバザーについて



よく知らない人のために前置きさせて貰いますと、「キャラクター転送サービス」というものが既にあり、PLEXを2枚支払う事で、あるアカウントから別のアカウントに、キャラクターを移す事が出来ます。で、ISKでキャラクターを売買するための掲示板もあります。

利点
・ eBay等を用いた違法なキャラクター取引にプレイヤーが関与するのを抑制できる
・ IntyパイロットからBSパイロットへ、等といった転身が容易になる。


欠点
・ 普通にプレイしてるだけではこのサービスの存在を知らない場合がある
・ 公正な取引には第三者の関与がほぼ必須となる
・ 提示されている情報以外に不利な内容があっても返品は不可


CCPはキャラクター譲渡自体はユーザーに受け入れられているものと認識しており、根拠として毎日70キャラ程度の譲渡があるとしている。
ただし、現状のオークションシステムは手がかかる上に荒削りな物として認識している。

余談:CCP Riseの愚痴
「実際、私は身につまされる思いをしました!15milのSPのキャラから33milのSPのキャラに切り替えたとき、'Turbo Dinosaur'から'Kil2'(なんてひどい名前!)に改名するハメになりましたし、後にKil2はかつてコープシーフに関与したキャラだという事が分かり、その不名誉を何年もかけて取り除く必要がありました!」

そこで、キャラクター譲渡システムを精錬した上でクライアントに組み込んでしまおうという試みがなされ、今回のSPトレードに至る。



(2)追加されるスキルトレードシステムについて


具体的なアップデート内容は以下のとおり。

・新しいアイテム「Transneural Skill Packet」が追加される。
 このアイテムを使うと、キャラクターに自由に振り分け可能なSPが追加される。(長期DTなどの補償でもらえるアレ)

・新しいアイテム「Transneural Skill Extractor」が追加される。
 このアイテムを使うと、キャラクターの持っているスキルからSPを抜き出し、Transneural Skill Packetを作成する。
 こちらはNew Eden Storeにて、Aurumを支払うことで購入可能。

Transneural Skill ExtractorTransneural Skill Packet共に、マーケットにてISKでの取引が可能。



詳細情報:

Transneural Skill Packetの作成には、およそ500,000SPを消費する。(調整するかも)

キャラクターのトータルSPが5,000,000以下だとTransneural Skill Extractorは使用できない。(献血制限に引っかかる)
でも、Transneural Skill Packetの使用は可能。

体験版アカウントでは、Transneural Skill Packetは使用できない。

Transneural Skill Extractorはスキルパケットを作る際に消費される。
Transneural Skill Packetは使用してSPを取り出すと消費される。

Transneural Skill Packetを使用したキャラクターは、トータルSPに応じて受け取れるSPが変わる。
(キャラが強いほどあんまり育たない。)
トータルSPごとの受け取れるSP量は以下のとおり。

0 – 5 million skillpoints = 500,000 unallocated skillpoints added
5 – 50 million skillpoints = 400,000 unallocated skillpoints added
50 – 80 million skillpoints = 200,000 unallocated skillpoints added
> 80 million skillpoints = 50,000 unallocated skillpoints added

※TSPを使う前のトータルSPという事に注意






フォーラムでも物議を醸しているようですね、このアップデート。
もし他のMMOで経験値○○倍キャンペーン!だとか、レベル販売!なんて始めたら終末感ハンパ無いけど、EVEでは少し毛色が違うかな。元々やっていたキャラクター譲渡システムの延長に過ぎないし、そもそもEVEでは時間が経つほどキャラクターの育成という概念が薄くなるし。というかキャラクターはプレイヤーの分身じゃなくて、手駒ですよねこのゲーム。結局キャラの強さよりプレイヤーの知識や経験,発想力のほうがずっと価値がある。

ただ、始めたときの、自分が乗れる船が少しずつ大きくなっていく喜びは味わえないかもですね、これ使っちゃうと。

まだ調整する部分は多いようですので、注視していくべきでしょう。(Aurumの単価やPlexの値段にも関わってきますし)
この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
2015 Winter アップデート
- 2015/10/06(Tue) -
秋アプデも冬アプデもふわっとした説明が多くて、今のタイミングで訳しても変更になるかもだけど、とりあえず船の追加のある冬だけ翻訳
http://updates.eveonline.com/coming/winter/


1.新しい駆逐艦
4種類の新しいTechII駆逐艦がリリースされます。
これらの船は防御力と速度に優れ、強力かつ多様性のある「範囲マイクロジャンプフィールドジェネレーター」を装備できます。
このモジュールは、あなたと、あなたの周りの船をマイクロジャンプさせます。
(確認できるシルエットはコラックスやアルゴスといったティア2駆逐艦)


2.アイス採掘フリゲート
あなたのお気に入りの堀場から、フリゲート用WHをくぐってニンジャマイニングにお出かけする、すばしっこいT2マイニングフリゲート


3.ミサイル誘導妨害装置 (Missile Disruptor)
新しいE-warとして、トラッキング妨害のミサイルバージョンを実装します。
https://forums.eveonline.com/default.aspx?g=posts&m=6074866
 ・トラッキング妨害のスキルが、このモジュールにも適用される。
 ・トラッキング妨害にボーナスを持つ船は、同様にミサイル誘導妨害装置に対してもボーナスを持つ。


4.ニュート・NOSとリモートアシスタンスモジュールにフォールオフを適用
ニュート・リモートリペア・NOSにフォールオフが適用され、対象との距離が遠いほど効力が下がるようになる。

この記事のURL | Eve | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11/3 Parallaxアップデート
- 2015/10/06(Tue) -
適当翻訳
http://updates.eveonline.com/date/2015-11-03/


1.SOVストラクチャーの調整

「一部支配状態」までのストラクチャーについては、アクティブなエントーシスを受けていない場合、所有者のコントロール値が最大まで自然回復する。この変更により、少数グループによる嫌がらせのエントーシス攻撃を受けたSOVストラクチャーを何度も修復する必要性が減るだろう。

領土の譲渡を便利にするために、自爆スイッチを追加した。領主コーポのディレクターは20分の自爆タイマーをコントローリングストラクチャにセットすることが出来る。

I-Hubの各機能をオフラインにすることが出来るようになる。ISKの支払いは、オンライン中の機能だけで良いことになる。

その他、要望の多かったものとして、「フリートハンガーにスクープ」する機能が追加される。


2.ジャンプ疲労の調整

連続ジャンプに対する制限が調整される。ジャンプ疲労の最大日数が30日から5日に下げられる。
この記事のURL | Eve | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Previous page | メイン | Next page>>