交易・トレードガイド
- 2016/02/11(Thu) -
トレードのさわりだけ。

目録
(1)トレードの概要
(2)トレードの種類
 (2-1)交易
 (2-2)ステーショントレード
 (2-3)廃品回収
 (2-4)NPCトレード
(3)トレードキャラを作る
 (3-1)トレードキャラの在り方
 (3-2)スキル
 (3-3)税金対策



(1)概要


物を安く買って高く売り、利益を上げる活動。他の大部分のMMOと異なり、プレイヤーによる市場経済が成り立っている事がEVEオンラインの特徴であり、生きた人間を相手に取引を行うため、PvPに分類されることもある。
数あるEVEオンラインのアクティビティの中でも、最も稼げるコンテンツの一つである。


(2)トレードの種類と手法


(2-1)ステーション間交易
2点間のステーションの価格差から利益を生み出す。Jita,Amarr,Dodixie,Rens,Hekといった主要ハブ間で行われる事が多い。利益率は比較的良好で、フレイター1隻あたり片道100mil前後の利益は難しくない。
欠点としては、輸送方法を確立する必要がある事。また、リアルタイムな相場監視のため、サブアカウントの使用が推奨される。
Tips: EVE-centralなどのトレードツールを用いてプランを立てるとやりやすい。但し一見利益が良くても売り抜き辛いアイテム等には注意。また、突発的に高騰している商品も割とすぐに暴落するので、あまり利益を期待しないほうがいい。フレイターなら薄利多売くらいが丁度良い。

(2-2)ステーショントレード
一つのステーション内で売りオーダーと買いオーダーを同時に出し、その価格差から利益を得る手法。1キャラで完結する手軽さが魅力で、オーダーの数に比例して利益も増える。
欠点としては、利益率が低いため売買税を常に気にする必要がある事と、オーダーが増えるに従い価格の更新が若干面倒になる事が上げられるが、それでも手間に対して稼ぎは優秀。
1日の稼ぎはステーショントレードに5bil投資し、定期的にオーダーを更新した場合、数百mil/日 程度(体感)。
Tips: ステーショントレードでは、高額かつ利益率の低い商品に特に注意すること。PLEXなどは取引量も多く、売買の価格差も数10mil程度あるが、税金も同様に数10mil程度かかる事があるので、しっかり計算しないと実はマイナスになっているという事もある。なお、売り買い両方オーダーを出して取引する際は、2回分のブローカー手数料(0.25~4%)と、1回分のセールスタックス(0.75~1.5%)を取られる。
税率の合計 > 利益率 ではただの赤字。


(2-3)廃品回収
ハブ周辺のシステムにて安値で売られている商品を買い付け、ハブに持ち込んで売る手法。
少数の安売りオーダー頼みなので、大規模に行うことは出来ないが、利率が良い上、手早く現金に戻しやすいためトレード初心者向け。
Tips:リージョンをまたいで商品を探したほうが、安売りを見つけやすい。Jitaで販売することを考えるならば、Lonetrekやthe Citadelに足を延ばして商品を漁ると良い。

(2-4)NPCトレード
トレード品のNPC販売・買取の価格差を利用したお金稼ぎ。イメージとしては大航海時代シリーズの近海交易そのもの(ただしEVEは遠方から相場チェックが可能)。プレイヤー相手のトレードよりも利益は大きく劣るが、輸送艦スキルのみで行う事ができ、採掘艦並みの時給となる場合もあるので、ゲーム最序盤の金稼ぎには良い。
Tips: NPCの売買量には上限がある。上限を超えると相場が変動する。また、1回の取引で上限を超える数の売買は出来ない。(NPCの買いオーダーの上限を超えて商品を売りつけると、買われなかった分が自分の売りオーダーとして残ってしまう。そしてそんな物は誰も買わない。 ※即時売りの場合は心配無用)


(3)トレードキャラを作る


(3-1)トレードキャラの在り方
トレードキャラは基本的に、ステーションから出ない事が望ましい。
トレードキャラを輸送役として用いるのも良いが、いざ相場チェックや価格調整が必要になった時に、ハブから離れていてはやや不便さがある。また、輸送キャラとして育てていくにつれて、JFの運用などでハブから離れる時間も長くなるため、可能なら分けるべきである。

(3-2)スキル
トレード関連のスキルは次のとおり。
①オーダー数増加系 (RetailをLv2か3まで上げれば割と十分。ステーショントレードを極めるならTycoonも視野に)
Trade
Retail
Wholesale
Tycoon

②レンジ系 (輸送兼用キャラならDaytradingがあると少し便利。ステーションから出ないなら不要)
Marketing
Daytrading
Procurement
Visibility

③節税系 (AccountingとBroker Relationsは5までの取得を。Margin Tradingは資金が少ないうちは便利だが、重要ではない。)
Accounting
Broker Relations
Margin Trading

(3-3)税金対策
トレードに関連する税金は主に次のとおり。

①セールスタックス
マーケット上で売買が成立した際、売り手が払う税金。売値の1.5%をベースに、Accountingスキルレベルごとに0.15%ずつ減税される。

②ブローカー手数料
マーケット上にオーダーを登録する際にNPCに支払われる手数料。オーダーを登録するステーションの会社および、ファクションに対するスタンディングによって増減する。また、Broker Relationsスキルごとに0.05%安くなる。具体的な公式は次のとおり。
手数料 = (1 – 0.05 * Broker Relationsスキルレベル) / 2^(0.14 * ファクションスタンディング + 0.06 * コープスタンディング)

税金の対策としては次の3種類が考えられる。
A. AccountingスキルおよびBroker Relationsスキルを上げる
B. スタンディングを上げる
C. マーケットを経由しない取引方法を取り入れる


B.のスタンディングについては、connectionなどのソーシャルスキルを上げ、データセンターでスタンディングを買い、ミッションやCos-mosをこなす事で地道に上げるのがポピュラーである。
ファクションスタンディングに関しては、FWミッションをこなして階級を上げることで、スタンディングの底上げする事が出来る。但し敵対ファクションのスタンディングは下がるので、運用ステーションを限定する場合に推奨される。

C.に関しては、メーリングリスト「Wholesale Trading」等でバルク売りされている品を契約で購入することで、相場より安く、かつ税金を払わずに調達出来る可能性がある。
この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<広告を消しておく | メイン | 【アプデ情報】スキルポイントのトレードについて>>
Comments:
-Comment is pending approval.-
Comment is pending administrator's approval.
2017/04/05 14:59  | | #[ Edit] | ▲ top


Post a comment















Only the blog author may view the comment.


▲ top
Trackbacks:
Trackbacks URL
→http://everesearcher.blog.fc2.com/tb.php/80-7ba859a6
| メイン |