フレイターガイド
- 2015/03/22(Sun) -
フレイターガイド by nic

1. フレイターについて
- 概要
- 強みと弱み
2. フレイターの用途
- 物資輸送
- 交易
- 運送業
3. 各国フレイター比較
4. フィッティングについて
- モジュール
- フィッティングシミュレータ
- インプラント
5. 危機管理
- Suicide Ganking (カミカゼ)
- ガンク会社
- カーゴ価格のしきい値
- インテルチャンネル


1. フレイターについて


1-1) 概要
Freighter(超大型輸送艦,フレイター)は、非常に大きなカーゴベイと高いEHPを持つ輸送艦である。マーケットではキャピタルサイズの船としてカテゴライズされているが、他のキャピタル級船とは異なりジャンプドライブを持たず、通常のゲートにてジャンプ航行する。
カーゴベイは最大で1,000,000m3を超え、これは高速型輸送艦100隻分、大容量型輸送艦25隻分にも登る。
EHPも200,000前後は無理なく確保できるので小数のガンカーへの耐性は高いが、動きの鈍重さと装備の制限から、組織的なガンクには弱い。

1-2) 強みと弱み
+ 非常に大きなカーゴ容量
+ 高いEHP
+ 高い輸送効率
- 非常に鈍重 (システム間移動に2分程度要する)
- 高価 (1,300,000,000 isk程度)
- ガンクフリートに捕捉された際、逃げるのが困難
* EVE経済の特性上、輸送業務は絶え間無く需要がある
* 輸送代行業務は潜在的な需要は多いと思われるが、輸送契約の利便性が未だ広く認知されておらず、
 フォーラム等による広告を通じて顧客を獲得できる機会がある
* 2014年下半期頃よりガンカーの動きが活発となっており、リスク低減対策を要す


2. フレイターの用途


2-1) 物資輸送
物資の輸送、資材や商品の搬入・搬出や補給業務に用いる。
会社単位での運用に向くが、個人での引越し程度では持て余す。

2-2) 交易
ISK/体積の低い品目での交易に向く。

2-3) 運送業
輸送契約にて稼ぐ。
RFFなどの輸送会社に就職すると安定した収入が得られる。


3. 各国フレイター比較


スキルレベル5時の比較グラフを以下に示す。(最小値に注意)

Freighter Comparison


4. フィットについて


4-1) モジュール
各国フレイターは3つのロースロットを持つが、CPUがゼロ、PGが3しかなく、実際に使用できるモジュールには限りがある。使用可能なモジュールと使用感を以下に示す。
    速度MOD-1) Over Drive Injector System
      オートパイロット時の速度が上がるが、基本的には不要と思われる。
    速度MOD-2) Nanofiber Internal Structure
      戦闘艦にとっては有用なモジュールだが、輸送艦から見るとEHPを落として不要な速度を上げるモジュール。
      他モジュールを推奨。
    速度MOD-3) Inertia Stabilizer
      フレイターにとっては優良なモジュール。ワープイン速度が上がるので、ストレスが減る。
      ドローバックはシグネチャ半径の増大だが元々大きすぎるフレイターが気にする所ではない。
    速度MOD-4) Warp Accelarator
      ワープ速度を定数増加させる。フレイターには恩恵が非常に大きい。
    タンク-1) Adaptive Nano Plating
      ペナルティなしでEHPを上げるモジュール。
    タンク-2) Transversal Bulkhead
      カーゴホールドと若干の機動性が犠牲になるが、EHPの増加量は非常に大きい。
    タンク-3) Layering Plate
      素のアーマーHPを上げるが、Adaptive Nano Platingよりも効果が低い。

4-2) フィッティングシミュレータ
RFFよりフレイターのフィッティングツールが公開されている。
システム間ジャンプ時間の算出や、ガンクの閾値などが計算される。
http://xyjax.com/optimizer_kronos/

4-3) Implant
フレイターに関連するインプラント郡を以下に示す。

implant.png

nomad_.png

Ascendancy.png

5. 脅威


フレイターは一切の武装・ドローンを搭載できず、攻撃能力を全く持たない。運用面で安全を検討する事になる。

5-1) Suicide ganker
スイサイドガンク(いわゆるカミカゼ)はハイセキュリティの輸送艦にとって最大の脅威であり、フレイターもその例外ではない。高いEHPのおかげで、少数のガンカーに対する耐性は高いが、動きが鈍く小細工も出来ないことから組織的なガンクには弱い。主要ハブを繋ぐルート上のSS0.5システム周辺は特にガンカーの活動が活発で、Uedama、Niarjaがそれに該当する。

5-2) ガンク会社
ガンカーコープのリストは以下のURLでチェックできる。
http://gankerlookout.com/list.html

5-3) ブレークイーブン
金目当てのガンカーは、カーゴスキャンで目星をつける事が多い。スキャンの結果、ガンクにかかる全体のコストに対して、ドロップの期待額が大きければガンクをする、といった手順になる。
このときのガンカーのコスト=ドロップ期待値となるカーゴ内金額をブレークイーブン額と呼称しておく。
ブレークイーブン額にガンカー各人の取り分(数10mil)を加えると、ガンクされる金額の閾値となる。
※RFFによるとこの閾値はEHP×4,444iskで概算金額を算出できるとの事。

閾値は理論上以下の計算式で算出できる。

ガンク閾値 = (ガンカー各人の取り分額 * ガンク人数 + ガンクにかかる価格) * 2
※ガンクにかかる価格 = 船の値段 * ガンク人数
※ガンク人数 = ターゲットのEHP / (1隻あたりのDPS * コンコード到着時間)

5-4) インテルチャンネル
プレイヤーによるガンク対策チャンネルに参加しておくと、ガンク集団に遭遇するリスクを下げることが出来る。
以下はAstral Sanctuary社が提供するアンチガンキングチャンネル。
・Anti-ganking
・Gank-Intel
また、RFFに所属すると専用のインテルチャンネルに案内される。
どちらも盛んに使われており、救援要請も可能。



この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<Cormorant | メイン | Maller 考察>>
Comments:
-Comment is pending approval.-
Comment is pending administrator's approval.
2017/05/02 19:23  | | #[ Edit] | ▲ top


Post a comment















Only the blog author may view the comment.


▲ top
Trackbacks:
Trackbacks URL
→http://everesearcher.blog.fc2.com/tb.php/67-a3cfca2c
| メイン |