Moa 考察
- 2014/11/21(Fri) -
Moa

クラス:クルーザー
種族:カルダリ
スロット構成:5/5/4
ハードポイント:タレットx5
ドローン:15/15
ボーナス:
・中型ハイブリッドタレットダメージ +5%
・シールドレジスタンス +4%


攻防とも高いレベルで両立できる生粋の戦闘艦。ブラスター装備のヘビータックラーが主流だが、他にも出来ることは意外なほど多い。
PvEではカルダリに居ながらにしてハイブリッドの道に進む人の為のL2ミッションボートとして使用。
PvPでは少数戦においてはヘビータックラー、中規模戦ではレールガンによる近~中距離戦部隊として使われる他、対フリゲート仕様も非常に強力。


Fit例


ヘビータックラー
[Moa, infight T2]
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Damage Control II

Experimental 10MN Microwarpdrive I
Large Shield Extender II
Warp Scrambler II
Large Shield Extender II
Adaptive Invulnerability Field II

Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M

Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I

Warrior II x3
Null M x600
Void M x600
Federation Navy Antimatter Charge M x600


高DPSかつタフなヘビータックラー。
LSEをWebに換装してタックル能力を高めるのも良い。
EHP:48,340 (パッシブリチャージ +111ehp/s)
DPS:
 599 / 2.8+2.5 km (Void)
 541 / 1.9+5 km (海軍アンチマター)
 441 / 5.3+7 km (Null)
速度:1,547m/s (2,202m/s オバロ)
アライン:8.3s (5.8s prop off)



フリート用レールモア
[Moa, Rail Moa with Propjam]
Damage Control II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II

Experimental 10MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
Adaptive Invulnerability Field II
Large Shield Extender II
Adaptive Invulnerability Field II

200mm Railgun II, Javelin M
200mm Railgun II, Javelin M
200mm Railgun II, Javelin M
200mm Railgun II, Javelin M
200mm Railgun II, Javelin M

Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I

Warrior II x3
Javelin M x400
Spike M x400
Federation Navy Antimatter Charge M x400


フリート戦用のレール装備モア。
プライマリーが目まぐるしく変わるフリートの近接戦闘においては、各艦が逐一距離を詰める必要があるブラスターよりも、全員がほぼ最大のDPSを同じタイミングで適用できるレールガンが強力。
鉛弾やスパイクを装填して、中距離の打ち合いにも対応出来る。
EHP:43,965
DPS:
 514 / 6.8+13 km (ジャベリン)
 507 / 14+13 km (海軍アンチマター)
 354 / 27+13 km (海軍鉛)
 314 / 49+13 km (スパイク)
速度:1,547m/s (2,202m/s オバロ)
アライン:8.3s (5.8s prop off)

 

アンチフリゲートモア
[Moa, Anti Frig Booster T2]
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Tracking Enhancer II
Damage Control II

Experimental 10MN Afterburner I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
X5 Prototype Engine Enervator
X5 Prototype Engine Enervator
X-Large Ancillary Shield Booster, Navy Cap Booster 400

Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M

Medium Anti-EM Screen Reinforcer I
Medium Processor Overclocking Unit I
Medium Anti-Thermal Screen Reinforcer I

Hobgoblin II x3
Federation Navy Antimatter Charge M x1000
Null M x1000
Navy Cap Booster 400 x18


スクラムレンジ内に突貫してきたフリゲートを捕まえて叩き落すフィット。
Web2基とAB装備で、フリゲート相手と言えどもそうそう逃がすことはなく、実効ダメージはデストロイヤーと同等かそれ以上。
電子ブラスター装備で浮いたパワーグリッド,CPUはXLサイズのASBに回すことでタンクを確保した。
5,6隻編成のフリゲート主体艦隊程度であれば単艦で十分相手取れるが、ディスラプターレンジ相手には無力なので、手近な相手を何隻か頂いたら逃げるなり落とされるなりすると良い。
なお、T1フィットで安く仕上げても十分な仕事が出来る。
EHP:14,433 (+633ehp/s 電池1セットあたりの回復量:24,212ehp)
DPS:409 / 1.6+4.5 km (海軍アンチマター)
速度:568m/s (733m/s オバロ)
アライン:8.3s (5.8s prop off)


この記事のURL | Eve-ships | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<Merlin 考察 | メイン | Thorax 考察>>
Comments:
-Comment is pending approval.-
Comment is pending administrator's approval.
2017/04/05 14:21  | | #[ Edit] | ▲ top


Post a comment















Only the blog author may view the comment.


▲ top
Trackbacks:
Trackbacks URL
→http://everesearcher.blog.fc2.com/tb.php/56-5a54fede
| メイン |