採掘 II
- 2014/06/28(Sat) -
採掘関連情報その2

(1)精錬
(2)スキル
(3)インプラント
(4)支援モジュール



(1)精錬


鉱石を精錬すると、各種生産の材料となるミネラルが抽出される。
精錬の過程ではロスが発生し、スキルが十分でない場合は元の鉱石に対して十分な量を入手する事が出来ない場合が多い。
ロスを差し引いた精錬効率(Net Yield)はステーションの設備効率(Base Yield)に、スキルによる効率を加算することで算出される。
式は以下の通り。

設備効率 + 37.5 * (1 + 0.02*精錬スキル) * (1 + 0.04*精錬効率スキル) * (1 + 0.05*各種鉱石処理スキル)

設備効率は、NPCステーションでは50%のものと30%のものがあり、プレイヤーのアウトポストはミンマター製が50%、他が30%である。

設備効率を50%として、各スキルレベルによる精錬効率を下表に示す。(単位は%)

refine.png

黄色く塗りつぶしたところで精錬効率が100%を突破する。
設備効率50%が確保できる場合の組み合わせとしては、精錬効率スキルを3、各種鉱石処理スキルを2まで上げるのがSPのバランスが良い。
ハイエンド鉱石の精錬を考えるのであれば、それらの鉱石処理スキルの前提である精錬効率4を取得して、各種鉱石スキルを1だけ取ると良い。
Tech2のマイニングクリスタルの使用を考えるのであれば、前提となる各種鉱石スキルを伸ばし(3~4)、精錬効率は最低1から前提レベルまでを目指すと良い。(最高クラスの鉱石には精錬効率5が要求される)

NPCステーションでの精錬の場合、ロスを差し引いた精錬効率から、さらにステーションの取り分(We Take、税金と呼ばれる事もある)を差し引く事で最終的に残るミネラルが算出できる。
税金は以下の式の通り
We_Take = max ( (5 - 0.75 * スタンディング), 0)
逆算すると、当該ステーションのコーポレーションスタンディングが6.67以上の時にWe_Takeはゼロになる。

まとめ : 適宜精錬効率スキルを揃えて、精錬ステーションのコーポレーションスタンディングを6.67以上にすると、ロス無し精錬が可能となる。


(2)スキル


・Mining
・Astrogeology

これらのスキルを上げると、採掘量が5%ずつ増える。基本的なスキルで、採掘性能に大きく影響する部分であるため、早めに4まで、極めるなら5まで取っておきたい。

・Mining Frigate
・Mining Barge
・Exhumers
・Expedition Frigates

船ボーナスを得る為に必要なスキル群。いずれも採掘量、または採掘スピードに影響を及ぼすため、優先して取っておきたい。

・Mining Upgrade
採掘強化Modの前提となるスキル。T2の為にレベル4まで取れば良い。

・Shield Operation
・Tactical Shield Manipulation
・Shield Management
・Shield Upgrade

採掘艦のメイン防御モジュールであるシールドMODの前提スキル。

・Drone
・Drone Interfacing
・Light Drone Operation
・Mining Drone Operation

採掘艦のほぼ唯一の攻撃・自衛手段であるドローンの前提スキル。
Bargeに乗り始めるならまずはDrone3、Light Droneを1までは取っておく。

・Leadership系
・Mining Foreman
・Mining Director
・Warfare Link Specialist

オルカを初めとするブースター用のスキル。
オルカで採掘艦隊を率いるならば全取得推奨。


(3)インプラント


インプラントと効果を以下に示す。

アトリビュート増幅系
_implant harvest

スキルハードウェア系
implant 2


(4)支援モジュール


Mining Foremanスキルと十分なLeadership系スキルがあれば、艦隊を組むだけでも採掘量を増やすが出来る。

また、採掘用の艦隊支援モジュールは次の通り。

・Laser Optimization
 採掘レーザー、ガス/アイスハーベスターのサイクルタイムを短縮する。最優先モジュール。
 T1:6%
 T2:7.5%

・Mining Laser Field Enhancement
 採掘レーザー、ガス/アイスハーベスターの射程を伸ばす。
 T1:13.6%
 T2:17%

・Harvester Capacitor Efficiency

 採掘レーザーの消費キャップを抑える。(あまり重要ではなく、大抵はトラクタービームに取って代わられる。)
 T1:6%
 T2:7.5%

これらの効果は、Mining Directorスキルを上げるごとに10%、Warfare Link Specialistスキルを上げるごとに20%ずつ割合増加する。例えば最大スキル時だと、T1 Laser Optimizationのボーナス6%にMining Drectorにより50%がかかり6%→9%、更にWarfare Link Specialistスキルにより100%割合増加し、9%→18%といった計算になる。
なお、オルカ、ロークアルのmining foreman linkボーナスも同様の計算。
この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<日本語版 RvB広告 | メイン | 採掘 I>>
Comments:
-Comment is pending approval.-
Comment is pending administrator's approval.
2017/06/03 07:47  | | #[ Edit] | ▲ top


Post a comment















Only the blog author may view the comment.


▲ top
Trackbacks:
Trackbacks URL
→http://everesearcher.blog.fc2.com/tb.php/42-31064e2e
| メイン |