Dotlan radar tracking
- 2013/12/22(Sun) -
Dotlanの便利機能、radar trackingについて記述する。

(1)概要
(2)導入手順
(3)動作画面

画像が多いので、下の[MORE...]ボタンを押すことで閲覧可能
(1)概要
DotlanはEVEで最大の地図サイトで、スターマップのみならず、アライアンスのランキング、Sovの遷移、FWの戦況等を確認することが出来る。その中にradar trackingなる、ちょい便利機能があるので紹介する。

radar trackingは、キャラクターの現在位置をDotlanの地図上で示してくれる物だ。ゲーム内地図と違い、自分だけでなく仲間の位置を追跡することが出来、経由地点も表示される。FCを煩わせることなく、スカウトが本隊の位置を確認するのに便利。他にはJF等の輸送艦の護衛など、使い方は人それぞれだろう。

(2)導入手順
radar trackingはゲーム内ブラウザ(以後IGB)でのみ動作し、IGBに「信用できるサイト」として登録する必要がある。

IGBを立ち上げると左上にメニューバーがあり、View、Bookmarks、Optionsの3項目が表示されているはずだ。
その中のOptionsをクリックすると、下の画像のようにGeneral SettingsとTrusted Sitesの2項目がプルダウンで出てくるので、Trusted Sitesをクリックする。

igb1.jpg




すると、"Website Trust Management"というウィンドウが出てくるので、DotlanのURL"http://evemaps.dotlan.net"
を入力し、Trust Siteをクリックする。
trust window1

これでIGBの設定は完了となる。

次は実際のradar trackingの使い方を記述する。
Navigationツールの項目からRadarを選択すると、下の画像のようなページに移る。

tracking menu1

それぞれ①~③まで説明を入れる。

①Radar Map
Start radar mapをクリックすると、自分の現在位置が示された状態のDotlanマップが表示される。
この自分の位置は時間ごとに更新される。ゲーム内のスターマップが見辛いという人は代わりにこちらを使ったほうが良いだろう。

②Radar Tracking
③Start Following
この記事の本題でもある、仲間に自分の位置を公開するシステム。
Start Trackingボタンをクリックすると発行されるトークンを、③のStart followingに入力することで、トークン発行者の現在位置が表示される。(発行者自身が追跡システムを使うことは出来ない)
こちらも時間ごとに更新されるため、半同期的に仲間の位置を確認することが出来る。

(3)動作画面

Start followingをクリックすると、下の画像のようにRadar Trackingの欄にトークンとURLが表示される。


tracking active


再度確認するが、レーダートラッキングは発行者本人で行うのではなく、仲間に追跡してもらうための物だ。発行したトークンは仲間に渡そう。


tracking paste1

追跡側の説明になるが、受け取ったトークンをStart following欄に貼り付けて、Mapボタンをクリックすると下のような画面に移る。


tracking map

画像の中に注釈を入れたが、緑丸が現在位置(またはトラッキング開始位置)を表示しており、追跡対象がIdokenに居ることを示している。

ここで追跡対象がIdokenからTsuguwaにジャンプすると
jump to tsuguwa

10秒程度遅れて追跡側の画面も変わる。
track tsuguwa


追跡を続けて、対象がUmokkaまで移動した画面が下の画像だ。

track end

Umokkaに到着するまでに、Idokenから出発して、Tsuguwa、Airkio、Kakakela、Kamokor、Ruvasの順に経由していることが解かる。



トークンの入力画面でmovementを選択すると、
movement.png



movement page

追跡対象の現在位置のほか、最近の動きがタイムスタンプ付きで確認できる。(但し、タイムスタンプはDotlanのページ更新時間であり、実際にジャンプした時間とは異なる)

トラッキングを停止したいときには、Radar Trackingの項目からStop Trackingボタンをクリックするか、画面上部の赤いポップアップをクリックすると良い。
トークンの有効時間は8時間なので、もしトラッキングされているのを忘れてしまってもそれ以降追跡されることは無い。

以上で、Dotlan Radar Trackingの使用方法の説明を終わる。
この記事のURL | Eve | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<4カ国の特徴を自分勝手に書いてみる | メイン | Tier1駆逐艦について>>
Comments:

Post a comment















Only the blog author may view the comment.


▲ top
Trackbacks:
Trackbacks URL
→http://everesearcher.blog.fc2.com/tb.php/10-5c4c9578
| メイン |