L3 ミッション
- 2014/11/28(Fri) -
(1)概要
(2)船舶と装備
(3)戦術案
(4)推奨スキル
(5)Fit例


(1)概要


レベル3ミッションはコーポレーションスタンディング3.0以上の場合に受注可能。
敵NPCの攻撃力と長めの戦闘時間から、攻略には戦闘巡洋艦級の船が推奨される。

ミッションの全体的な収入はレベル2までと比較するとかなり改善されているが、物足りなさは残るだろう。
海賊の懸賞金とと報酬は、1ミッションあたり数百kISK (数十万 ISK)から数mil ISK(数百万ISK)。
レベル2以下と同様、ルート品はメタレベル3,4の物が主だった収入となり、サルベージも良い追加収入となり得るので、サルベージ仕様の駆逐艦を組んでおくと便利。


(2)船舶と装備


長距離戦闘型の戦闘巡洋艦が多くのミッションに適している。
戦闘巡洋艦ほどになると防御力がかなり安定し、ドローンも十分に積めるため、小型艦のように積極的に動き続けなくとも、近付いてくる敵を要塞のごとく迎撃する事が出来る。

ドローン艦に乗る場合は、そろそろセントリードローンの導入をお勧めする。ミディアムドローンのみでは火力に物足りなさがあり、ヘビードローンは足が遅い上に集中砲火を貰うので非常に使いづらい。火力がそこそこでタレット艦と同じ性質を持ち、ドローン帯域幅も丁度良いセントリーは痒い所に手が届く存在だろう。

順調に戦闘スキルを上げていけば、このミッションを受けれる時期の前後にはTech2の防御モジュールや火力モジュールを使えるようになるだろう。

下記数値以上の性能を推奨:
火力       : 150dps
交戦可能距離  : 40km
回復力      : 150 ehp/s


(3)戦術案


タレット艦の場合は、レベル2と同様に小型艦を優先して遠距離(20km~70km)から撃ち落す。もし15km以内にフリゲートクラスの接近を許した場合は、ライトドローンをけしかけて処理する。巡洋艦以上の敵はは近~中距離から高火力攻撃を狙う。

ミサイル艦の場合は距離による威力低下は無いので、射程内のもの全て撃てばよい。タレット艦ほど敵フリゲートを優先して狙う必要が無く、逆に自艦にひきつける事でドローンによる処理の効率が上がる。また、敵艦の速度が低下することでミサイルのダメージも上がる。

ドローン艦はセントリーによる中・長距離射撃をメインに、近付いて来た敵を通常のライトドローンなどで処理すると良いだろう。セントリー展開中は静止する必要があるが、火力は高い。(静止しなくてもいいが、回収が面倒)

レベル3ミッションではエリートフリゲートの出現頻度も上がってくる。エリートフリゲートは耐久力・回復力に優れ、こちらのドローンも積極的に攻撃してくるため、優先して撃墜していきたい(タレットによる遠距離射撃が有効)。接近を許した場合はドローンで対処することになるが、ドローンのHPに注意すること。


(4)推奨スキル


※前提スキルを除く

船スキル
戦闘巡洋艦スキル 3

武器システムセット(いずれか1つで可)
タレットセット
・中型○○タレット 3
・ガンナリー 4
・高速発射 3
・狙撃技術 2
・運動予測 2
・軌道分析 2
・局所攻撃 2
・バースト制御 2 (ミンマターは不要)

ミサイルセット
・ヘビーミサイル 3
・ミサイルランチャーオペレーション 4
・高速射出 3
・ミサイル砲撃技術 3
・ミサイルプロジェクション 2
・ターゲット航行予測 2
・弾頭強化 2

ドローンセット
・ドローン 5
・ドローンインターフェーシング 3
・ドローン狙撃技術 4
・ライトドローン 4
・ミディアムドローン 3
・セントリードローン 3
・ドローンアビオニクス 4
・ドローン耐久度 2
・ドローン航行技術 2

防御システムセット(シールド・アーマーどちらかで可)
アーマータンクセット
リペアシステム 3
船体強化 3  ※早めに5にし、アーマーハードナーのTech2化を目指す。

シールドタンクセット
シールドオペレーション 3
シールドコンペンセイション 3
シールド強化 3
シールドマネジメント 2
戦術シールド操作 1  ※早めに4にし、シールドハードナーのTech2化を目指す。

補助スキル
エネルギー回路強化 3
エネルギー管理 3
エネルギーシステムオペレーション 3
・兵器強化 3   ※早めに4にし、兵器強化モジュールのTech2化を目指す。


(5)Fit例

各国戦闘巡洋艦のLv3ミッション仕様Fitの一例を示す。
計算にはドローンスキルのみ5、他全てレベル3のキャラクターを用いている。
回復量に関しては、シールド・アーマーのレジスト差異が影響しにくいよう、ダメージ属性をKin属性50%、Thm属性50%にして計算し、ハードナーもそれに合わせている。

以下のFit例では操艦の用意さを考慮し、防御力重視・キャパシタ安定重視で組み上げている。また、各フィッティングスキル3で乗船可能。
スキルが育ってきたら、過剰なキャパシタモジュールをトラッキングコンピューター等の別の有用なモジュールに換え、防御・補助モジュールは順次T2にアップグレードしていくと良いだろう。

十分な量の電池の確保・輸送が可能であれば、キャップブースターのみで電池を補うのも効率的。



[Harbinger, PvE T1]
Medium 'Accommodation' Vestment Reconstructer I
Limited Armor Thermic Hardener I
Limited Armor Kinetic Hardener I
Beta Reactor Control: Capacitor Power Relay I
Heat Sink I
Heat Sink I

Experimental 10MN Afterburner I
Eutectic Capacitor Charge Array
Eutectic Capacitor Charge Array
Eutectic Capacitor Charge Array

Heavy Beam Laser I, Standard M
Heavy Beam Laser I, Standard M
Heavy Beam Laser I, Standard M
Small Tractor Beam I
Heavy Beam Laser I, Standard M
Heavy Beam Laser I, Standard M
Heavy Beam Laser I, Standard M

Medium Auxiliary Nano Pump I
Medium Auxiliary Nano Pump I
Medium Nanobot Accelerator I

Hobgoblin I x5
Hammerhead I x5
L3仕様ハービンジャー              

本体DPS:
多周波 : 233 (12 + 9.2km)
標準   : 155 (23 + 9.2km)
電波   : 97  (37 + 9.2km)

ドローンDPS
中型   : 96
小型   : 60

回復量 : 142 ehp/s


[Prophecy, PvE T1]
Medium 'Accommodation' Vestment Reconstructer I
Limited Armor Thermic Hardener I
Limited Armor Kinetic Hardener I
Beta Reactor Control: Capacitor Power Relay I
Drone Damage Amplifier I
Drone Damage Amplifier I
Drone Damage Amplifier I

Experimental 10MN Afterburner I
Omnidirectional Tracking Link I, Optimal Range Script
Omnidirectional Tracking Link I, Tracking Speed Script
Eutectic Capacitor Charge Array

Rapid Light Missile Launcher I, Mjolnir Light Missile
Rapid Light Missile Launcher I, Mjolnir Light Missile
Rapid Light Missile Launcher I, Mjolnir Light Missile
Rapid Light Missile Launcher I, Mjolnir Light Missile
Drone Link Augmentor I

Medium Auxiliary Nano Pump I
Medium Auxiliary Nano Pump I
Medium Nanobot Accelerator I

Garde I x3
Bouncer I x3
Hobgoblin I x5
Hammerhead I x5
L3仕様プロフェシー                

本体DPS:
ミサイル : 61 (31.7km)

ドローンDPS:
ガーデ    : 229 (25 + 18km)
バウンサー  : 202 (44 + 48km)
中型      : 179
小型     : 112

回復力   : 161 ehp/s


※本体の武器は何でもOK


[Ferox, PvE T1]
Magnetic Field Stabilizer I
Magnetic Field Stabilizer I
Compact Capacitor Flux Coil
Compact Reactor Control Unit

Experimental 10MN Afterburner I
Large C5-L Emergency Shield Overload I
Limited Thermic Dissipation Field I
Limited Kinetic Deflection Field I
Eutectic Capacitor Charge Array

250mm Carbide Railgun I, Lead Charge M
250mm Carbide Railgun I, Lead Charge M
250mm Carbide Railgun I, Lead Charge M
250mm Carbide Railgun I, Lead Charge M
Small Tractor Beam I
250mm Carbide Railgun I, Lead Charge M
250mm Carbide Railgun I, Lead Charge M
250mm Carbide Railgun I, Lead Charge M

Medium Capacitor Control Circuit I
Medium Capacitor Control Circuit I
Medium Capacitor Control Circuit I

Hobgoblin I x5
L3仕様フェロックス     

本体DPS:
アンチマター : 225 (19 + 14km)
鉛弾      : 150 (38 + 14km)
アイアン弾   :   94 (60 + 14km)

ドローンDPS:
小型      : 60

回復量     : 162 ehp/s


[Drake, PvE T1]
Ballistic Control System I
Ballistic Control System I
Ballistic Control System I
Beta Reactor Control: Shield Power Relay I

Experimental 10MN Afterburner I
Large F-S9 Regolith Shield Induction
Limited Thermic Dissipation Field I
Limited Kinetic Deflection Field I
M51 Iterative Shield Regenerator
M51 Iterative Shield Regenerator

Heavy Missile Launcher I, Scourge Heavy Missile
Heavy Missile Launcher I, Scourge Heavy Missile
Heavy Missile Launcher I, Scourge Heavy Missile
Small Tractor Beam I
Heavy Missile Launcher I, Scourge Heavy Missile
Heavy Missile Launcher I, Scourge Heavy Missile
Heavy Missile Launcher I, Scourge Heavy Missile

Medium Core Defense Field Purger I
Medium Core Defense Field Purger I
Medium Core Defense Field Purger I

Hobgoblin I x5
L3仕様ドレイク                 

本体DPS:
Kinミサイル  : 142 (47.2km)

ドローンDPS:
小型       : 60

回復量     : 195 ehp/s


※ロースロットの弾道制御装置とシールド
パワーリレーの数を増減することで攻撃・
防御力を調整可能。


[Brutix, PvE T1]
Medium 'Accommodation' Vestment Reconstructer I
Limited Armor Thermic Hardener I
Limited Armor Kinetic Hardener I
Magnetic Field Stabilizer I
Magnetic Field Stabilizer I
Reactor Control Unit I

Experimental 10MN Afterburner I
Eutectic Capacitor Charge Array
Eutectic Capacitor Charge Array
Eutectic Capacitor Charge Array

250mm Railgun I, Lead Charge M
250mm Railgun I, Lead Charge M
250mm Railgun I, Lead Charge M
Small Tractor Beam I
250mm Railgun I, Lead Charge M
250mm Railgun I, Lead Charge M
250mm Railgun I, Lead Charge M

Medium Capacitor Control Circuit I
Medium Auxiliary Nano Pump I
Medium Nanobot Accelerator I

Hobgoblin I x5
Salvage Drone I x5
L3仕様ブルティクス                

本体DPS:
アンチマター  : 239 (14 + 14km)
鉛弾       : 159 (28 + 14km)
アイアン弾    : 100 (44 + 14km)

ドローンDPS:
小型       : 60

回復量      : 165 ehp/s



[Myrmidon, PvE T1]
Limited Armor Kinetic Hardener I
Limited Armor Thermic Hardener I
Medium 'Accommodation' Vestment Reconstructer I
Drone Damage Amplifier I
Drone Damage Amplifier I
Beta Reactor Control: Capacitor Power Relay I

Experimental 10MN Afterburner I
Eutectic Capacitor Charge Array
Omnidirectional Tracking Link I, Optimal Range Script
Omnidirectional Tracking Link I, Optimal Range Script
Omnidirectional Tracking Link I, Tracking Speed Script

250mm Railgun I, Lead Charge M
250mm Railgun I, Lead Charge M
Small Tractor Beam I
Drone Link Augmentor I
Small 'Solace' Remote Armor Repairer

Medium Capacitor Control Circuit I
Medium Auxiliary Nano Pump I
Medium Nanobot Accelerator I

Garde I x4
Hammerhead I x5
Hobgoblin I x5
Salvage Drone I x5
L3仕様ミュルミドン                 

本体DPS:
アンチマター  : 47 (14 + 14km)
鉛弾       : 31 (28 + 14km)
アイアン弾    : 19 (44 + 14km)

ドローンDPS:
ガーデ      : 279 (27 + 21km)
中型       : 164
小型       : 103

回復量      : 165 ehp/s


[Hurricane, PvE T1 Passive]
Gyrostabilizer I
Gyrostabilizer I
Gyrostabilizer I
Beta Reactor Control: Shield Power Relay I
Beta Reactor Control: Shield Power Relay I
Beta Reactor Control: Shield Power Relay I

Experimental 1MN Afterburner I
Large F-S9 Regolith Shield Induction
Limited Thermic Dissipation Field I
Limited Kinetic Deflection Field I

650mm Artillery Cannon I, Depleted Uranium M
650mm Artillery Cannon I, Depleted Uranium M
650mm Artillery Cannon I, Depleted Uranium M
Small Tractor Beam I
650mm Artillery Cannon I, Depleted Uranium M
650mm Artillery Cannon I, Depleted Uranium M
650mm Artillery Cannon I, Depleted Uranium M

Medium Core Defense Field Purger I
Medium Core Defense Field Purger I
Medium Core Defense Field Purger I

Hobgoblin I x5
Hobgoblin I x1
L3仕様ハリケーン              

本体DPS:
短距離弾   : 170 (9.3 + 20km)
中距離弾   : 113 (19 + 20km)
長距離弾   : 71   (30 + 20km)

ドローンDPS:
小型      : 60

回復量     : 200 ehp/s


[Cyclone, PvE T1]
Ballistic Control System I
Ballistic Control System I
Ballistic Control System I
Compact Capacitor Flux Coil
Compact Capacitor Flux Coil

Experimental 10MN Afterburner I
Large C5-L Emergency Shield Overload I
Limited Thermic Dissipation Field I
Limited Kinetic Deflection Field I
Eutectic Capacitor Charge Array

Heavy Missile Launcher I, Mjolnir Heavy Missile
Heavy Missile Launcher I, Mjolnir Heavy Missile
Heavy Missile Launcher I, Mjolnir Heavy Missile
Heavy Missile Launcher I, Mjolnir Heavy Missile
Heavy Missile Launcher I, Mjolnir Heavy Missile
650mm Artillery Cannon I, Titanium Sabot M
650mm Artillery Cannon I, Titanium Sabot M

Medium Capacitor Control Circuit I
Medium Capacitor Control Circuit I
Medium Capacitor Control Circuit I

Hobgoblin I x5
Salvage Drone I x5
L3仕様サイクロン              

本体DPS:
短距離弾   : 29 (9.3 + 20km)
中距離弾   : 20 (19 + 20km)
長距離弾   : 12 (30 + 20km)
ミサイル    : 108 (47.2km)

ドローンDPS
小型      : 60

回復量     : 226 ehp/s


この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
EVEオンラインについて (未プレイ者向け紹介)
- 2014/11/24(Mon) -
EVEオンラインはアイスランドのCCP games社によって開発・運営されている、宇宙を舞台にしたMMORPG。
MMORPGとして分類されているが、アバターを強化して敵を倒す一般的なハクスラ系MMORPGとはかなり毛色が違い、マインクラフトやテラリア等と同じくサンドボックス系のゲームで、用意された世界の中で、好きなことをするタイプのゲーム。

↓ゲーム内の巨大勢力同士が大戦争を繰り広げる事で有名。
アサカイの戦い(クリックミス戦争) ニコニコ動画
B-R5RBの戦い 4gamers記事


いくつかのオンラインゲームを遊んだ者の視点から、EVEオンラインの特徴について書いてみる。

※まともに遊んだゲーム↓
 MU
 Lineage 2
 大航海時代Online
 ラペルズ
 Master of Epic
 マビノギ
 ファンタジーアースゼロ
 World of Tanks



・全世界のプレイヤーが単一のサーバーでプレイ
世界有数のスーパーコンピューターを用いたゲームサーバーらしい。
英語圏のプレイヤーが多く、主に使われる言語も英語だが、ローカライズがされているので日本語オンリーでも問題なくプレイできる。
なお、中国だけは国内の法律の関係で別サーバーとのこと。


・プレイヤーの手によって構築されるマーケット
製作陣に経済学者が在籍していたためか、非常にリアルな経済システムが構築されている。
採掘などの資源採取、製造、物流、これらは全てプレイヤーによって行われ、NPCは設計図とスキル習得アイテムの販売、及び一部の交易用品の売買を行うのみ。船や武装,建造物など、プレイヤーが使うほぼ全てのアイテムは誰かが作ったもの。そしてそれらのアイテムは戦闘などで常に消費されている。
これによって純粋な生産者、輸送人などといったプレイスタイルが成立し、果ては商業ハブに居座りマネーゲームを行う事すらも可能。


・キャラクターの成長が自動
キャラクター性能は所謂スキル制だが、スキルポイントはプレイヤーの行動によって直接稼ぐことは出来ず、狩りによるレベル上げという概念が無い。スキルを学習キューにセットして、待つだけである。ログイン・ログオフかかわらず、育てたいスキルさえ予約しておけばキャラクターは自動で育つ。
いわゆる狩りコンテンツによって取得できるものは、金・アイテムおよびNPCとの親密度のみ。
後述するが、このシステムによって古参プレイヤーに対する不利を覆すことが出来ない、といった誤解をよく持たれるが現実的にそうはなってない。


・PvPコンテンツに重きを置いている
直接的な戦闘は勿論、商戦や外交など、相手プレイヤーありきのコンテンツが多い。




以下は主観的な内容

・PvPのバランスが良い。
1.大が小を兼ねない
小型の艦に対して大型艦の攻撃が通りづらいシステムになっており、相手が巨大な高級戦艦を投入して来たからと言って小型の艦が次々と淘汰されるような事態にならない。
船のサイズの違いは役割の違いでしかない。

2.キャラクターの性能が戦闘に大きく影響しない
キャラクターの伸びしろは決まっており、高レベルなスキルほど成長に時間を要する。(実用可能レベルまでは直ぐに成長するが、最高レベルまで育つにはその5倍の時間が必要、といった具合になる。)
また、スキルの効果自体も他のゲームに比べると微小。レベルごとにせいぜいダメージ5%増加程度。それもレベル5で打ち止め。

3.豊富な役割分担
直接的な戦闘においては、装甲艦やミサイル艦、空母、超長距離砲撃艦など様々な特性を持つ戦闘艦
サポートとしては電子戦艦や偵察艦、味方のダメージを回復するリペア艦
戦闘外においては物資の搬入,売却のための輸送艦や、経済基盤の一つとなる採掘艦
クラス・職業という概念は無いので、好きな事が出来る。


・金策手段が豊富
狩り要素による金策の他、採掘業、製造業、転売業、輸送業、賭博、etc...
アウトローに生きるなら、海賊、詐欺、恐喝、傭兵、etc...
中の人のスキルで稼ぐなら翻訳者、通訳、ソフト開発者、HP作成・管理・・・ってどこのリク○ートだ


・自由かつ自己責任な世界
詐欺は合法、騙される者が悪い。
目的の為ならあらゆる手段が容認され、リスクは自分自身が負う。


・コンテンツが多い
対人、対NPC、人数の多い少ないなどによって、出来ることが幅広い。
一人身軽にのんびり宇宙を旅して金を稼ぐもよし。
数人の友人と協力して略奪者となるもよし。
一つの会社(ギルド)を立ち上げて過疎地から旗揚げしてもよし。
同盟に参加して取引相手を増やすもよし。
コアリションに参加し、領土をめぐって大規模戦闘に明け暮れるもよし。


・アップデートが頻繁
半年に一度の大型アップデートに加え、ここ最近は1,2ヶ月周期で新要素の追加が行われている。


・外部ツールが豊富
開発・運営会社が外部ツールの作成を奨励しており、キャラクターのAPIの取得や、ゲーム内のデータベースファイルまで公開している。
外部ツールも便利なものが多く、キャラクター育成プランの補助ツールや、船の性能シミュレーターなどがある。(スマホ版有り)


・運営とユーザーの距離が近い
掲示板で次回アップデートの案を募ったり、ユーザーが作成したツールと互換性のある機能をゲーム内に付与したり。
果てはユーザー同士の大戦争に対して、ちゃっかり戦争結果を詳細なレポートにまとめてみたり。
開発者自身がこのゲームを大好きなんだなぁと伝わってくる。


マイナスになり得る部分

・覚えるべき事が多い
データ量が膨大で、分野ごとにノウハウがある。
敷居が高くなる原因だが、奥が深いとも言えるか。


・デスペナルティは大きい方
船舶やその装備,積荷は撃沈した際ロストする。(保険による払い戻しなどの救済措置有り)
但し、こうした消費があるので経済が成り立っている。


・日本の情報サイトが少なめ


・星系内は殺風景
1つの星系は主に恒星、惑星、月、宇宙ステーション、アステロイドベルト、ジャンプゲートといったオブジェクトで構成されているが、どの星系へ行ってもオブジェクト数や資源量、オブジェクト間の距離が異なる程度で、大きな変化が無い。


・移動の味気無さ
「エリア移動」する際、ジャンプゲート間の移動はワープ航行で行われるが、「位置を指定してワープボタンを押す」だけであるため、淡白に感じられる。


・アバターの要素が薄い
一度宇宙空間に出ると、自分のキャラクターは宇宙船であり、愛着のあるパイロットの姿はポートレートが表示されるのみ。今後のアップデートで、宇宙ステーション内を多数のプレイヤーが歩き回るような機能が追加されない限りは変わることは無いだろう。(アバターのカスタマイズ自体はレベルが高いほうで、スライダーによる顔・体格の形成が可能で、服装やアクセサリ等も豊富に用意されている)



他に類を見ないタイプのゲームで、人によってはどっぷりはまる。スルメゲー。経済ゲー。

header_Ferox_Fleet.png
この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Merlin 考察
- 2014/11/22(Sat) -
Merlin

クラス:フリゲート
種族:カルダリ
スロット構成:3/4/3
ハードポイント:タレットx3
ドローン:0/0
ボーナス:
・小型ハイブリッドタレットダメージ +5% / Lv
・シールドレジスタンス +4% / Lv


スタンダードな攻守ボーナスに、バランスの良いスロット配置を持つ優秀な戦闘用フリゲート。
ソロPvPではMWDとブラスターによる突撃型、ABとレールガンによる中距離カイト、果てはアーマータンクや長距離カイトまで実用可能。
フリートPvPでは純粋にScram+Web搭載のタフなタックラーとして使える。

Fit例


中距離カイト
[Merlin, Juno II]
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Damage Control II

Limited 1MN Afterburner I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
X5 Prototype Engine Enervator
Medium Ancillary Shield Booster, Navy Cap Booster 50

125mm Railgun II, Federation Navy Antimatter Charge S
125mm Railgun II, Federation Navy Antimatter Charge S
125mm Railgun II, Federation Navy Antimatter Charge S

Small Anti-Thermal Screen Reinforcer I
Small Anti-EM Screen Reinforcer I
Small Processor Overclocking Unit I

Navy Cap Booster 50 x9
Federation Navy Antimatter Charge S x240
Spike S x240
Federation Navy Tungsten Charge S x240

7000kmキープで戦う。操艦は単純ながら結構強い。
天敵はアマーフリゲートとスラッシャーあたり。
EHP:3,526 (+160ehp/s 電池1セットあたり回復総量:3,672ehp)
DPS:
 130 / 6.8+6 km (海軍アンチマター)
 65 / 19+6 km (海軍タングステン)
 75 / 24+6 km (スパイク)
速度:977m/s (1,272m/s オバロ)
アライン:5.0s (3.4s prop off)



タックラー
[Merlin, Ice Wind]
Micro Auxiliary Power Core I
Damage Control II
Magnetic Field Stabilizer II

Limited 1MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
X5 Prototype Engine Enervator
Medium Shield Extender II

Light Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge S
Light Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge S
Light Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge S

Small Core Defense Field Extender I
Small Core Defense Field Extender I
Small Core Defense Field Extender I

Void S x360
Null S x360
Federation Navy Antimatter Charge S x360

オーソドックスなタックラー。
スクラムとWebがセットで装備できるのは嬉しい。
速度はやや遅め、耐久力は高めだがシグネチャがでかい。
EHP:7,819
DPS:
 165 / 0.9+2.5 km (海軍アンチマター)
 132 / 2.6+3.2 km (ヌル弾)
速度:2,814m/s (4,028m/s オバロ)
アライン:5.0s (3.4 prop off)

この記事のURL | Eve-ships | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Moa 考察
- 2014/11/21(Fri) -
Moa

クラス:クルーザー
種族:カルダリ
スロット構成:5/5/4
ハードポイント:タレットx5
ドローン:15/15
ボーナス:
・中型ハイブリッドタレットダメージ +5%
・シールドレジスタンス +4%


攻防とも高いレベルで両立できる生粋の戦闘艦。ブラスター装備のヘビータックラーが主流だが、他にも出来ることは意外なほど多い。
PvEではカルダリに居ながらにしてハイブリッドの道に進む人の為のL2ミッションボートとして使用。
PvPでは少数戦においてはヘビータックラー、中規模戦ではレールガンによる近~中距離戦部隊として使われる他、対フリゲート仕様も非常に強力。


Fit例


ヘビータックラー
[Moa, infight T2]
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Damage Control II

Experimental 10MN Microwarpdrive I
Large Shield Extender II
Warp Scrambler II
Large Shield Extender II
Adaptive Invulnerability Field II

Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M

Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I

Warrior II x3
Null M x600
Void M x600
Federation Navy Antimatter Charge M x600


高DPSかつタフなヘビータックラー。
LSEをWebに換装してタックル能力を高めるのも良い。
EHP:48,340 (パッシブリチャージ +111ehp/s)
DPS:
 599 / 2.8+2.5 km (Void)
 541 / 1.9+5 km (海軍アンチマター)
 441 / 5.3+7 km (Null)
速度:1,547m/s (2,202m/s オバロ)
アライン:8.3s (5.8s prop off)



フリート用レールモア
[Moa, Rail Moa with Propjam]
Damage Control II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II

Experimental 10MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
Adaptive Invulnerability Field II
Large Shield Extender II
Adaptive Invulnerability Field II

200mm Railgun II, Javelin M
200mm Railgun II, Javelin M
200mm Railgun II, Javelin M
200mm Railgun II, Javelin M
200mm Railgun II, Javelin M

Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I

Warrior II x3
Javelin M x400
Spike M x400
Federation Navy Antimatter Charge M x400


フリート戦用のレール装備モア。
プライマリーが目まぐるしく変わるフリートの近接戦闘においては、各艦が逐一距離を詰める必要があるブラスターよりも、全員がほぼ最大のDPSを同じタイミングで適用できるレールガンが強力。
鉛弾やスパイクを装填して、中距離の打ち合いにも対応出来る。
EHP:43,965
DPS:
 514 / 6.8+13 km (ジャベリン)
 507 / 14+13 km (海軍アンチマター)
 354 / 27+13 km (海軍鉛)
 314 / 49+13 km (スパイク)
速度:1,547m/s (2,202m/s オバロ)
アライン:8.3s (5.8s prop off)

 

アンチフリゲートモア
[Moa, Anti Frig Booster T2]
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Tracking Enhancer II
Damage Control II

Experimental 10MN Afterburner I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
X5 Prototype Engine Enervator
X5 Prototype Engine Enervator
X-Large Ancillary Shield Booster, Navy Cap Booster 400

Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Electron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M

Medium Anti-EM Screen Reinforcer I
Medium Processor Overclocking Unit I
Medium Anti-Thermal Screen Reinforcer I

Hobgoblin II x3
Federation Navy Antimatter Charge M x1000
Null M x1000
Navy Cap Booster 400 x18


スクラムレンジ内に突貫してきたフリゲートを捕まえて叩き落すフィット。
Web2基とAB装備で、フリゲート相手と言えどもそうそう逃がすことはなく、実効ダメージはデストロイヤーと同等かそれ以上。
電子ブラスター装備で浮いたパワーグリッド,CPUはXLサイズのASBに回すことでタンクを確保した。
5,6隻編成のフリゲート主体艦隊程度であれば単艦で十分相手取れるが、ディスラプターレンジ相手には無力なので、手近な相手を何隻か頂いたら逃げるなり落とされるなりすると良い。
なお、T1フィットで安く仕上げても十分な仕事が出来る。
EHP:14,433 (+633ehp/s 電池1セットあたりの回復量:24,212ehp)
DPS:409 / 1.6+4.5 km (海軍アンチマター)
速度:568m/s (733m/s オバロ)
アライン:8.3s (5.8s prop off)


この記事のURL | Eve-ships | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Thorax 考察
- 2014/11/21(Fri) -
Thorax

クラス:クルーザー
種族:ガレンテ
スロット構成:5/4/5
ハードポイント:タレットx5
ドローン:50/50
ボーナス:
・中型ハイブリッドタレットダメージ +5% / Lv
・中型ハイブリッドタレットトラッキングスピード +7.5% / Lv


純粋なブラスター火力艦として名高いソーラックスは、レールガンを乗せたスカーミッシャーとしても優秀。
戦闘用クルーザーとしてはEHPは控えめになりがちだが、速度と火力は一級品。

Fit例


突撃艦
[Thorax, Hullrax]
Damage Control II
Reinforced Bulkheads II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II

Experimental 10MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
X5 Prototype Engine Enervator
X5 Prototype Engine Enervator

Heavy Neutron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Neutron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Neutron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Neutron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Neutron Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M

Medium Transverse Bulkhead I
Medium Transverse Bulkhead I
Medium Transverse Bulkhead I

Hammerhead II x5
Caldari Navy Antimatter Charge M x400
Void M x400
Null M x400


ハルタンクにする事で回復を捨て、シールドフィット並のEHPを確保しつつ、速力、火力、タックル性能を高いレベルで備える突撃艦仕様。
操艦は単純で、敵に突撃して撃ちまくるのみ(クルーザー以下相手にオービットは禁物)。なお、火力はおそらくT1クルーザー中最強(Fac物除く)。
EHP:16,650
DPS:
 745 / 3.4+3.1 km (Void)
 684 / 2.3+6.3 km (海軍アンチマター)
 578 / 6.3+8.8 km (Null)
速度:2,028m/s (2,891m/s オバロ)
アライン:7.5s (5.2s prop off)



スカーミッシャー
[Thorax, 200mm rail]
Damage Control II
Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Tracking Enhancer II
Overdrive Injector System II

Experimental 10MN Microwarpdrive I
Large F-S9 Regolith Shield Induction
Adaptive Invulnerability Field II
Small Capacitor Booster II, Navy Cap Booster 400

200mm Railgun II, Federation Navy Lead Charge M
200mm Railgun II, Federation Navy Lead Charge M
200mm Railgun II, Federation Navy Lead Charge M
200mm Railgun II, Federation Navy Lead Charge M
200mm Railgun II, Federation Navy Lead Charge M

Medium Low Friction Nozzle Joints I
Medium Anti-EM Screen Reinforcer I
Medium Anti-Thermal Screen Reinforcer I

Warrior II x5
Hornet EC-300 x5
Javelin M x400
Spike M x400
Federation Navy Antimatter Charge M x400
Federation Navy Lead Charge M x400


中距離戦用ソーラックス。速力と射程,火力が良好で敵のサポート艦を撃ち落すのが役目。
Medには小型キャップブースターを装備してあるが、状況に応じてトラッキングコンピュータ,ECCM,センサーブースター等に換装する。
扱いやすく、それなりの性能。
EHP:19,898
DPS:
 488 / 15+15 km (海軍アンチマター)
 352 / 30+15 km (海軍鉛)
 317 / 53+15 km (スパイク)
速度:2,281m/s (3,253m/s オバロ)
アライン:6.6s (4.6s prop off)



クルーザー1v1戦用
[Thorax, Duelist]
Damage Control II
Medium Ancillary Armor Repairer, Nanite Repair Paste
Reactive Armor Hardener
Medium Armor Repairer II
Energized Adaptive Nano Membrane II

Experimental 10MN Afterburner I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
X5 Prototype Engine Enervator
Medium Electrochemical Capacitor Booster I, Navy Cap Booster 800

Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M
Heavy Ion Blaster II, Federation Navy Antimatter Charge M

Medium Auxiliary Nano Pump I
Medium Ancillary Current Router I
Medium Nanobot Accelerator I

Hammerhead II x5
Nanite Repair Paste x64
Null M x600
Navy Cap Booster 800 x10
Void M x600
Federation Navy Antimatter Charge M x600


※試験機
リアクティブアーマーを装備し、リペア力を強化したフィット。
敵の攻撃に耐え抜いて削り勝つのが狙い。耐性が高まるまではオービットやレンジコントロールで防戦に努める。
それなりに使えるが、キャップ妨害に弱いのと、ベクサーで同じ事をした方がが上手いこと立ち回れるので微妙か。
EHP:12,709 (397ehp/s~ ※リアクティブにより変動)
DPS:
 457 / 1.9+5 km (海軍アンチマター)
 396 / 5.3+7 km (Null)
速度:735m/s (953m/s オバロ)
アライン:7.5s (5.2s prop off)
この記事のURL | Eve-ships | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Omen 考察
- 2014/11/21(Fri) -
Omen

クラス:クルーザー
種族:アマー
スロット構成:5/3/6
ハードポイント:タレットx5
ドローン:40/40
ボーナス:
・中型レーザータレットキャパシタ消費量 -10% / Lv
・中型レーザータレット発射間隔 -5% / Lv


バランスの取れた性能を持つ戦闘艦。T1装備のままではイマイチだが、T2装備が整ってくると化ける。
速度と火力を生かしたカイト仕様が好まれるものの、近接戦闘も十分に可能(但し被プライマリー率は高い)。
PvEではスキルにもよるが、ドローン帯域幅の広さによりモーラーより使いやすいかもしれない。
PvPでは主にパルス&スコーチによるカイト仕様が多いが、ビーム装備のアンチサポートや1600mmプレート装備の近接仕様も良い。

Fit例:


カイト仕様
[Omen, Longman LT]
Damage Control II
Medium Ancillary Armor Repairer, Nanite Repair Paste
Heat Sink II
Heat Sink II
Nanofiber Internal Structure II
Heat Sink II

Experimental 10MN Microwarpdrive I
Warp Disruptor II
Medium Electrochemical Capacitor Booster I, Cap Booster 800

Focused Medium Pulse Laser II, Scorch M
Focused Medium Pulse Laser II, Scorch M
Focused Medium Pulse Laser II, Scorch M
Focused Medium Pulse Laser II, Scorch M
Focused Medium Pulse Laser II, Scorch M

Medium Low Friction Nozzle Joints I
Medium Auxiliary Thrusters I
Medium Energy Locus Coordinator I

Hornet EC-300 x5
Hornet EC-300 x3
Scorch M x5
Imperial Navy Multifrequency M x5
Cap Booster 800 x10


中距離から安定した火力をコンセプトにした艦。速力・火力・射程のバランスが良く、ソロ・少数フリートにおいて使いやすい。
機動性は高めだが、流石にカイト仕様のFac船の面々には到底及ばず、MWD装備のコンバットフリゲートには簡単に追い付かれるので注意。
EHP:9457 (+156ehp/s Nanite1セットあたり:9,547ehp)
DPS:
 316 / 23+3.8 km (スコーチ)
 396 / 7.8+3.8 km (帝国マルチ)
速度:2,346m/s (3,331m/s オバロ)
アライン:5.5s (4.0s prop off)



近接戦闘型
[Omen, Omen infight]
Damage Control II
Heat Sink II
Heat Sink II
1600mm Reinforced Rolled Tungsten Plates I
Energized Adaptive Nano Membrane II
Reactor Control Unit I

Experimental 10MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
X5 Prototype Engine Enervator

Focused Medium Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency M
Focused Medium Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency M
Focused Medium Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency M
Focused Medium Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency M
Focused Medium Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency M

Medium Trimark Armor Pump I
Medium Trimark Armor Pump I
Medium Trimark Armor Pump I

Hammerhead II x3
Hobgoblin II x2
Imperial Navy Multifrequency M x5
Scorch M x5
Conflagration M x5


1600mmを搭載した近接戦闘型。
他国の近接戦闘型クルーザーと比べてもDPS,EHPとも見劣りせず、加えて射程が長いためフリート戦などでは便利。速度もアーマーバッファにしてはマシな方。
EHP:33,118
DPS:
 487 / 6.8+3.8 km (帝国マルチ)
 415 / 20+3.8 km (スコーチ)
速度:1,628m/s (2,298m/s オバロ)
アライン:8.1s (6.1s prop off)



この記事のURL | Eve-ships | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Tormentor 考察
- 2014/11/21(Fri) -
Tormentor

クラス:フリゲート
種族:アマー
スロット構成:3/3/4
ハードポイント:タレットx3
ドローン:10/10
ボーナス:
・小型レーザータレットキャパシタ消費量 -10% / Lv
・小型レーザータレットダメージ +5% / Lv


同じアマー戦闘用フリゲートのパニッシャーとの最大の違いはスロット構成。パニッシャーはユーティリティハイを1つ有した純粋な近接戦闘仕様だが、トーメンターはMidスロットを3つ持つことで、段違いの汎用性を誇る。
PvEにおいては防御重視のパニッシャーに比べ、キャパシタを確保しやすくドローンを2機運用可能な攻撃重視型といったところか。
フリゲートPvPにおいてはパルス&スコーチ、400mmプレート搭載の強靭な防御力でタンク勝ちを狙う中距離戦仕様がポピュラーに思う。
フリート戦ではリフターやマーリン同様、タフなタックラーとして優秀。


Fit例


ドッグファイト仕様

[Tormentor, TormPvP Focus]
400mm Reinforced Rolled Tungsten Plates I
Adaptive Nano Plating II
Damage Control II
Micro Auxiliary Power Core I

Experimental 1MN Afterburner I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
X5 Prototype Engine Enervator

Small Focused Pulse Laser II, Scorch S
Small Focused Pulse Laser II, Scorch S
Small Focused Pulse Laser II, Scorch S

Small Trimark Armor Pump I
Small Trimark Armor Pump I
Small Trimark Armor Pump I

Hobgoblin II x2
Conflagration S x3
Scorch S x3
Imperial Navy Multifrequency S x3


スタンダードな中距離戦仕様。
強力なタンクとそこそこのDPSにて削り勝ちを狙う。
アーマーバッファにより速度はかなり遅いが、一応スクラム圏内3点セットは揃えているので、ある程度レンジコントロールは利く。
EHP:8,296
DPS:
 130 / 11+2.5 km (スコーチ)
 156 / 3.8+2.5 km (帝国マルチ)
速度:859m/s (1103m/s オバロ)
アライン:5.2s (3.7s prop off)



タックラー

[Tormentor, Torm tackle]
Damage Control II
Overdrive Injector System II
Overdrive Injector System II
Heat Sink II

Limited 1MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
Medium Shield Extender II

Dual Light Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S
Dual Light Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S
Dual Light Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S

Small Anti-EM Screen Reinforcer I
Small Core Defense Field Extender I
Small Core Defense Field Extender I

Hobgoblin II x2
Scorch S x3
Conflagration S x3
Imperial Navy Multifrequency S x3


フリートのタックラー仕様。
オーバードライブインジェクターをNanoに換装しても良い。EHPは犠牲になるが機動力がかなり上がる。
また、その場合いっそダメコンを外してヒートシンクを追加するといい感じの突撃艦が出来上がる。
EHP:6,409
DPS:
 164 / 3.4+1.9 km (帝国マルチ)
 139 / 10+1.9 km (スコーチ)
速度:3,621m/s (5171m/s オバロ)
アライン:4.6s (3.1s prop off)



カイト仕様トーメンター

[Tormentor, Torm Kite 2]
Small Ancillary Armor Repairer, Nanite Repair Paste
Nanofiber Internal Structure II
Nanofiber Internal Structure II
Heat Sink II

Limited 1MN Microwarpdrive I
Warp Disruptor II
Small Electrochemical Capacitor Booster I, Navy Cap Booster 400

Small Focused Beam Laser II, Imperial Navy Standard S
Small Focused Beam Laser II, Imperial Navy Standard S
Small Focused Beam Laser II, Imperial Navy Standard S

Small Ancillary Current Router I
Small Energy Locus Coordinator I
Small Energy Collision Accelerator I

Warrior II x2
Imperial Navy Standard S x3
Aurora S x3
Gleam S x3
Nanite Repair Paste x16


※検証中
カイトとしては機動性はやや劣り、DPSはそこそこ。
気休め程度にリペアを積んだ。
練習機レベルだろうか。
EHP:1,849 (+66ehp/s Nanite1セット計:2,020ehp)
DPS:
 123 / 17+5 km (帝国スタンダード)
 111 / 31+5 km (オーロラ)
 171 / 4.3+5 km (グリーム)
速度:3436m/s (4906m/s オバロ)
アライン:3.3s (2.3s prop off)

この記事のURL | Eve-ships | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Punisher 考察
- 2014/11/20(Thu) -
Punisher

クラス:フリゲート
種族:アマー
スロット構成:4/2/4
ハードポイント:タレットx3
ボーナス:
・アーマーレジスタンス +4% / Lv
・小型レーザータレットダメージ +5% / Lv


スタンダードな攻守ボーナスにT1フリゲート最高峰のバッファHPと、紙面上の戦闘力は高い。
PvEにおいてはそのボーナスを遺憾なく発揮し、Lv1ミッション程度であれば問題なくこなせるだろう。
フリゲートPvPにおいてはMidスロットの少なさから、戦いの主導権を握るのが難しい。速度の遅さも相まって、レンジコントロール能力はT1フリゲートでは最低レベルと言って差し支えないだろう。但しレーザータレットの特性上、スクラムレンジ内ぎりぎりの中距離戦には強く、防御力の高さによって削り勝ちを狙える。
フリートにおいては防御力の高いタックラーとして有用。アーマーバッファ型にした場合、速度の遅さに悩まされるが、一度スクラムレンジ内に入り込んでしまえば、シグネチャ半径の小ささと高いEHPによりかなり粘り強く敵に張り付いていられる。


Fit例


バッファタンク型タックラー

[Punisher, Punisher Buffer 2]
Adaptive Nano Plating II
Damage Control II
400mm Reinforced Rolled Tungsten Plates I
Energized Adaptive Nano Membrane II

Upgraded 1MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I

Dual Light Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S
Dual Light Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S
[empty high slot]
Dual Light Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S

Small Trimark Armor Pump I
Small Trimark Armor Pump I
Small Trimark Armor Pump I

Scorch S x3
Imperial Navy Multifrequency S x3


スタンダードなバッファタンク型タックラー。
速度はかなり遅いが、並のフリゲートの倍程度のEHPを誇る。
EHP:12,370
DPS:
 81 / 10+1.9 km (スコーチ)
 101 / 3.4+1.9 km (帝国マルチ)
速度:2,328m/s (3,297m/s オバロ)
アライン:5.1s (3.8s prop off)



ドッグファイト仕様

[Punisher, Rep]
Damage Control II
Small Ancillary Armor Repairer, Nanite Repair Paste
Adaptive Nano Plating II
Adaptive Nano Plating II

Experimental 1MN Afterburner I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I

Small Focused Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S
Small Focused Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S
Small Nosferatu II
Small Focused Pulse Laser II, Imperial Navy Multifrequency S

Small Energy Burst Aerator I
Small Energy Collision Accelerator I
[empty rig slot]

Imperial Navy Multifrequency S x3
Scorch S x3
Conflagration S x3
Nanite Repair Paste x16


スクラム圏内用のリペア型フィット。
敵の攻撃能力を削ぐ手段に乏しく、キャパシタ依存度の高いパニッシャーはリペア型フリゲートとしてはベストではないが、悲観するほど酷い性能でもない。リペア艦の練習にでも。
EHP:4,119 (+145ehp/s Nanite1セット:4,437ehp)
DPS:
 143 / 3.8+2.5 km (帝国マルチ)
 114 / 11+2.5 km (スコーチ)
速度:1,064m/s (1,374m/s オバロ)
アライン:4.6s (3.2s prop off)



スマートボム支援艦

[Punisher, Bomber]
Damage Control II
200mm Reinforced Rolled Tungsten Plates I
Adaptive Nano Plating II
Adaptive Nano Plating II

Limited 1MN Microwarpdrive I
Small Electrochemical Capacitor Booster I, Cap Booster 200

Small Plasma Smartbomb II
Small Plasma Smartbomb II
Small Plasma Smartbomb II
Small Plasma Smartbomb II

Small Processor Overclocking Unit I
Small Processor Overclocking Unit I
Small Transverse Bulkhead I

Cap Booster 200 x15


※検証中
スマートボムにより敵のドローンを封殺する事を目的としたフィット。
キャパシタ関連性能が高く、十分なPGを有するパニッシャーに向いたフィットと言える。
4連装のスマートボムは、HPボーナスを受けていない小型ドローン相手であれば3ボレーで葬り去るのに十分なダメージを出す(要時間は13秒弱)。
安いCPUインプラントを指せばCPUリグが1つ外せる。
EHP:6,524
DPS:
 37 / 半径 3 km (280ボレー)
速度:2,791m/s (3,964m/s オバロ)
アライン:4.8s (3.5s prop off)



ニュートタックラー

[Punisher, neut]
F85 Peripheral Damage System I
400mm Reinforced Rolled Tungsten Plates I
Micro Auxiliary Power Core II
Adaptive Nano Plating II

Limited 1MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I

Small Energy Neutralizer II
Small Energy Neutralizer II
Small Nosferatu II
Small Nosferatu II

Small Trimark Armor Pump I
Small Trimark Armor Pump I
Small Trimark Armor Pump I


武装をキャパシタ妨害モジュールに換装した純粋なタックラー。
NOS関連のボーナスは全く無いが、毎秒26GJ程度のキャップダメージとなるのでタックルのおまけとしては悪くない。
EHP:9,564
E-war:
 ニュート 18GJ/s
 NOS 7.7GJ/s
速度:2,328m/s (3,297m/s オバロ)
アライン:5.1s (3.8s prop off)



NOSタックラー

[Punisher, nos tackler]
Small Armor Repairer II
Adaptive Nano Plating II
Damage Control II
Small Armor Repairer II

Limited 1MN Microwarpdrive I
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I

Small Nosferatu II
Small Nosferatu II
Small Nosferatu II
Small Nosferatu II

Small Auxiliary Nano Pump I
Small Nanobot Accelerator I
Small Transverse Bulkhead I


※試作段階
NOSによって吸収したキャパシタをリペアに回す形のフィット。
元来の高いレジストにリペアを2枚差しし、NOSによりキャップはほぼ安定している。リペア性能は1フライトのライトドローン群にも十分に耐える程。何よりも速度が落ちないのが利点。弱点としては、キャパシタ妨害に弱い点と、バッファ量の少なさ。またNOS頼りのFitなので、NOSの射程外でカイトされるとあっさり落ちる。
フィッティング・リグスキルが十分で、PGインプラントを指せばSmall Auxiliary Nano Pump Iをもう一つ装備できる。
EHP:4,062 (+149ehp/s)
E-war:
 NOS 15.4GJ/s
速度:2,905m/s (4,136m/s オバロ)
アライン:4.6s (3.2s prop off)



10MN MWD タックラー

[Punisher, 10MN MWD]
Micro Auxiliary Power Core II
Micro Auxiliary Power Core II
Micro Auxiliary Power Core II
Micro Auxiliary Power Core II

Experimental 10MN Microwarpdrive I
Warp Scrambler II

[empty high slot]
[empty high slot]
[empty high slot]
[empty high slot]

Small Ancillary Current Router I
Small Ancillary Current Router I
Small Low Friction Nozzle Joints I


頭がおかしくなったパニッシャー。
速度は10500m/sを記録(スネークインプラ無し)。
小回りが利かない上に普通にキャップアウトするが、スネークでカイトなクルーザーに一泡吹かせるのに使える。(ノーガードなのであっさり落とされるが)
ネタ要員としても非常に優秀。
EHP:2,265
DPS:0
速度:7,165m/s (10,525m/s オバロ)
アライン:14.8s (2.9s prop off)
この記事のURL | Eve-ships | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |