ドローン III
- 2014/08/02(Sat) -
ドローン関連情報

(1)ドローンの操作


ドローンは基礎操作距離20kmに、Drone Avionicsスキル(5km/level)、Advanced Drone Avionics(3km/level)を加えた距離が、最終的な操作距離となる。
操作距離はDrone Link AugumentorモジュールやDrone Control Range Augmentorリグによっても伸ばすことが可能で、この範囲内のターゲットに対してのみ、ドローンへ攻撃命令を下すことが出来る。操作距離を越えてもドローンの接続が失われることは無く、ドローンが交戦中のターゲットが操作距離から離れてもドローンの交戦は持続される。

(a)ドローンのスタンス
アグレッシブ、パッシブいずれかに設定できる。

・アグレッシブ
母艦と戦ってる敵を自動的に攻撃する。ドローンを出した状態でECM等を受けると(操作レンジ内なら)自動的に反撃するため便利。但し交戦中にドローンを発進しても、既に交戦中の相手には自動反撃しない。
リターン&オービットコマンドを出すとパッシブ状態になる。

・パッシブ
攻撃指示を出すまで待機させる。
ミッションではトリガーを勝手に撃ち落すアグレッシブ設定よりもこちらが推奨される。

・集中砲火(オン/オフ)
全てのドローンに同一の標的を攻撃させるかどうかの設定。
特に理由が無ければ火力は集中したほうが良いので、オン推奨。

(b)ドローンへの命令

・リターン&オービット
ドローンに攻撃を中止させ、母艦の周囲をオービットさせる。

・放棄
ドローンを放棄する。放棄されたドローンは接続が切れたドローンと同じ状態になる。
ドローンが遠くの敵と交戦している時に、直近に敵がランディングした時等、緊急的に帯域幅を確保する際に有用。
また、セントリーを遠くに放棄しておき、必要に応じて再接続して援護射撃を行うといった使い方もある。

(c)フリートアシスト

・アシスト
フリートメンバーにドローンを割り当てる。フリートメンバーの攻撃に合わせて、その人に割り当てられたドローンが一斉攻撃を行う。(ドローンを割り当てられた人は直接ドローン操作できない。タレットやE-warモジュール等を敵に当てることでドローンが動き出す。)
なお、ドローンを割り当てられた人がコンコードを呼び寄せるような犯罪を行い、アサインされたドローンも同様に犯罪行為を行った場合はドローンの母艦も制裁の対象となる。
一人あたり50機までドローンを割り当てられる。

・ガード
上記アシストと同じように、フリートメンバーにドローンを割り当てる。ドローンは割り当てられた人が攻撃を受けると、攻撃者に対して反撃を行う。(あまり使わない)

(d)接続を失ったドローンへのアクション
ドローンは放棄されるか、母艦から250km離れるか(ワープアウト含む)、または母艦が撃沈されることにより接続を失い、宙域で停止する。
接続を失ったドローンは次の方法で回収する事が出来る。

・ドローンへ再接続
自艦を右クリックすることで選択可能。
250km以内の自分のドローンに再接続し、コントロール可能な状態にする。

・カーゴベイへスクープ
ドローンを直接右クリックすることで選択可能。
その名の通り迷子のドローンをカーゴベイへ収納する。
カーゴベイへスクープしたドローンは発進出来ないため、自分のドローンを拾う際には注意。

・ドローンベイへスクープ
ドローンを直接右クリックすることで選択可能。
ドローンをドローンベイへ収納する。
こちらはそのまま発進させる事が出来るが、扱えないドローンをスクープしてしまうと、発進も破棄もできずにドローンベイを潰してしまうので注意。


(2)敵のドローンと戦う


(a)ドローンの破壊
ドローンは通常の艦艇と同様、砲撃により撃墜する事が出来る。ドローンの破壊は敵のDPS低下に繋がり、特にガレンテのドローンボートと相対する際や、スピードタンクで戦う際には重要な戦術となる。
ドローンに対して有効な兵装は、小型艦に有効な兵装とほぼ同じで、主に以下のものが挙げられる。
・ロケット
・ライトミサイル
・スマートボム
・ライトドローン
・小型砲(角速度の調節要)

(2)敵のドローンの攻撃を防ぐ
ドローンに対する防御としては、MWDによるドローンのカイトが効果的。
ドローンはMWD速度とオービット速度の2種類の速度で動く。遠距離から放たれたドローンはMWD速度で標的に近付き、最適距離の2倍程度の距離に達した所で射撃を開始、MWDのサイクルが終わった時点でオービット速度に切り替えて対象をオービットする。このオービット速度は遅く、Propをふかせば簡単に距離を離すことができ、距離を離されたドローンは再度MWDで追いかけてから攻撃を再開する。高速移動し続ける対象に対してはMWDで追い付き、オービットした瞬間に大幅にまた距離を離され、MWDで追いかける、といったプロセスを繰り返す。結果として実効的なDPSは大幅に下がることとなる。

ガリスタス系の船が相手の場合は、ドローンにECMやトラッキング妨害を仕掛けてやるのも有効。

ちなみにフリゲートに乗っている際にミディアム以上のドローンをけしかけられた場合、自艦を停止させるのも理論上は有効。ドローンのオービットによる角速度だけで、止まっている自艦への攻撃は避けられる場合が多い。(戦闘中に足を止める事によるディスアドバンデージの方が遥かに大きいが)
この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ドローン II
- 2014/08/01(Fri) -
ドローン情報続き

(1)モジュール
(2)スキル
(3)ドローン艦



(1)モジュール


Drone Damage Amplifier
ドローンが与えるダメージを増やす。
ドローンボートの基本装備。

Drone Link Augmentor
ドローンの操作可能距離を伸ばす。
セントリーボートには複数装着する。

Drone Navigation Computer
ドローンのマイクロワープドライブ速度が上がる。
ミッションなどでは便利だが、付け過ぎるとオーバーシュートしやすくなる。

Omnidirectional Tracking Link
ドローン版のトラッキングコンピューター。スクリプトがロードできるのも同様
セントリー使いには必須。

Omnidirectional Tracking Enhancer
ドローン版のトラッキングエンハンサー。
ロースロットモジュールなので、スロット構成と相談する。

Drone Control Unit
空母専用モジュール。
1つ装着するごとに、追加で1体のドローンを操作可能にする。

---------- (リグ) ---------
実用的なものは少ない

Control Range Augmenter
ドローンの操作可能距離を伸ばす。

Drone Durability Enhancer
ドローンの耐久力が増加する。
増加量は1つ当たり20%と、かなり大きい。
記述は無いが、この手のモジュールには珍しくスタッキングペナルティーが適用される。

Drone Repair Augmentor
リペアドローンのリペア量が増加する。
効果はささやか

Drone Scope Chip
ドローンのオプティマルレンジを伸ばす。セントリー用

Drone Speed Augmentor
ドローンの最大速度を上げる。

Sentry Damage Augmentor
セントリーの与えるダメージが増加する。

Stasis Drone Augmentor
WebドローンのWebの効果が上がる。

Mining Augmentor
マイニングドローンの採掘量を増やす。
元々すずめの涙程度の採掘量なので、割合増加したところで大して増えない。


(2)スキル


Drones
ドローンカテゴリの最初のスキル。
プレイヤーはこのスキルレベルと同数のドローンを展開できる。(空母除く)
ドローン使いを目指すならば最優先で上げるべきスキル。
そうでないプレイヤーでも、バトルクルーザーに乗り始めるあたりには5にしておきたい。

---------- (ドローン性能向上系) ----------

Drone Interfacing
Droneの与えるダメージが10%増加する。
Kronosで抑え目になったとは言えども、未だ重要スキル。
ドローンボートパイロットならば早い段階で4、5を目指したい。

Drone Avionics
ドローンの操作距離が5km伸びる。
スキル無しの状態でのドローン制御距離は20km。レベル2ミッション程度までであれば十分かもしれないが、
要求SPは低いので、他のスキルとの兼ね合いを見て上げると良い。

Drone Durability
ドローンの耐久力が上がる。
効果はそこそこだが、要求SPは高い。
ガレンテのドローン艦でPvPをする際には比較的重要なスキル。

Drone Navigation
ドローンのMWD速度が上がる。
要求SPは低め。しっかり鍛えると、足の遅いガレンテドローンが、アマーとカルダリの中間くらいの速度まで伸びる。

Drone Sharpshooting
ドローンのオプティマルレンジが伸びる。
ほぼセントリー用のスキルであり、前提で4まで必要となる。
ちなみにドローンのフォールオフを伸ばすスキルは存在しない。

---------- (ドローンカテゴリ系) ----------

Light Drone Operation
ライトドローンの与えるダメージが5%増加する。
ライトドローンは最初に使える戦闘用ドローンにして、最重要ドローンである。
Drone InterfacingとSP効率を比較しながら上げておく。
BSに乗り始める頃にはこのスキルを5にし、Tech2のライトドローンを使えるようにしておくと良い。フリゲートの掃討が快適になる。

Medium Drone Operation
ミディアムドローンの与えるダメージが5%増加する。
ミディアムドローンは対駆逐艦~バトルクルーザーまで有用なドローン。但しそれらの艦船は大型兵装でも比較的容易に撃沈可能なため、ライトドローンのような対空兵装というよりは追加DPSといった立ち位置に近いだろう。
クルーザー以上のドローンボートでPvPを行う場合は早めの5推奨。それ以外は後回しでもさほど問題ない。

Heavy Drone Operation
ヘビードローンの与えるダメージが5%増加する。
ヘビードローンは有効に使える艦船が限られるので、プレイスタイルと相談して伸ばす。

Sentry Drone Interfacing
セントリードローンの与えるダメージが5%増加する。
ヘビードローンよりはこちらがポピュラー。ミッションにも、PvPにも有効に使える。

(国名) Drone Specialization
対応した国家のTech2ドローンの与えるダメージが2%増加する。
各国各種のTech2ドローンの前提スキル。

Repair Drone Operation
リペアドローンのリペア量が5%増加する。
回復量はささやか

Salvage Drone Operation
サルベージドローンのサルベージ成功率が2%増加する。
意外と頼もしいサルベージャー。MTUやノクティスで残骸を一箇所に纏めておくと、それなりの速さでサルベージを終わらせる。

Mining Drone Operation
マイニングドローンの採掘量が5%増加する。
採掘量は1セットでソロレトリーバーの10%程度。マイニングアップグレードII相当であることを考えるとそれほど悪くは無いが、ささやか。


(3)ドローン艦


ドローンの運用に向いた船を下の表に示す。

drone boat_




この記事のURL | Eve | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |