[プレイスタイル] 商工業系
- 2016/09/18(Sun) -
プレイスタイル例と、開始する上で必要な設備・準備時間などのまとめ。 商工業編

トレーニング時間や収入はあくまでも目安なので、参考程度に。


(1)トレーダー
(2)製造業
(3)輸送業
(4)詐欺


(1)トレーダー


プレイヤーを相手にした交易、取引業。比較的手がかからない上に多大な利益を期待できる。ただし、まとまった元手が必要で、各種ツール・サイト、時には自作のシート等を駆使した市場調査ができる事が望ましい。収入は売りさばく時間によってisk/hourが変動するので、投資額に対する利率として表記した。

・廃品回収
必要トレーニング時間: 1日未満
収入の目安      : 投資額の10~30%前後
必要設備,環境:
 ・元手 (50mil前後から)
 ・輸送手段 (輸送船 3mil前後)

EVE-centralのトレードツール等で、現在地とハブ港間で価格比較し、利益の出るものハブ港に持ち帰って売りさばく。利率もそこそこながら、元手の回収が早いのが利点。他の序盤のアクティビティと比較しても稼げる方なので、トレーダー初級者におすすめ。

・ステーショントレーディング
必要トレーニング時間: 3週間
収入の目安      : 投資額の5~10%
必要設備,環境:
 ・元手(最低300mil~を推奨、1bil以上が望ましい)
 ・取引用キャラクター(推奨)

利幅が大きい品物を買いオーダーで調達し、売りオーダーでそのまま捌く、取引仲介人のような仕事。ブローカー手数料と取引税を低減しないと思うように利益は出ないので、それらのスキルを上げる必要がある。手軽にできる上に、スムーズに取引が済めば数十mil単位の利益を一瞬で作り出すこともできるのが利点。但し他の取引業に比べると、価格の変更を頻繁に行う必要があるので、半不労所得とまでは言えない。

・ハブ間トレーディング
必要トレーニング時間: 3週間
収入の目安      : 投資額の10~30%
必要設備,環境:
 ・元手 (最低300mil~を推奨、1bil以上が望ましい)
 ・輸送手段 (外注 or 輸送キャラ)

ハブ港で買い込んだ商品を別のハブ港で売りさばく。ステーショントレーディングよりも大きい利幅が期待できるので、会計スキルが低くても利益は出せる (但し、利益に直結するので早めに5まで取得する事を強く推奨する)。吟味すると30%以上の利幅が出る商品もそこそこあるが、競争率が高い場合は深く考えずに利率10%~15%程度に相場が落ち着いた商品を買い漁ると安定する。


(2)製造業


設計図を元に、鉱物や電子機器等の素材から船や装備品等を製造する業種。素材を買い取り、加工した上で売り払う、変則的なトレーダーのような性質を持つ。トレーダーと比較すると必要な設備・スキルが多く、生産力以上の投資が出来ないという短所はあるが、一度体制を構築すると少ない手間で大きな利益を出すことが出来るようになる、比較的大器晩成型の業種。

・T1製造業
必要トレーニング時間: 3日(お試しコース 生産ライン5個)
               1か月 (主要生産要員 生産ライン 10個)
収入の目安      : BP1枚当たり 2~4 mil / day
必要設備,環境:
 ・元手 (30mil前後から)
 ・複数のBP (入門コースで10~20枚程度のBPO)
 ・輸送手段 (外注 or 輸送艦)

T1生産は利益計算が重要で、タイミングが悪いと赤字になることもあり得る。スプレッドシート等を使って必要材料・利益を計算し、市場の在庫状況から相場を予想して生産を行う。徐々に研究済みのBPOを増やしていき、その時の相場に合わせて生産すると良い。最初の生産物としては、リグ系が比較的利益が落ち着いており、小型兵装は相場変動のサイクルが読みやすいので、そこら辺から少しずつ始めると良いだろう。

・T2製造業
必要トレーニング時間: 1か月
収入の目安      : BP1枚当たり 4~6 mil / day
必要設備,環境:
 ・元手 (50mil前後から)
 ・複数のBP (入門コースで10枚程度のBPO)
 ・輸送手段 (外注 or 輸送艦)

T2生産は利幅に余裕があり、T1ほど頻繁に赤字になることはない。必要スキルはある程度要求されるものの、どんぶり勘定でも利益が出やすいので、利益計算が面倒な人にもお勧めできる。但しまとめて生産できるT1と違い、定期的に生産ジョブを登録する必要がある。生産拠点を作るのも面倒な人は、ハブで直接材料を買ってその場で生産して売ってしまうのも一つの手段。当然その場合は利幅は圧迫されるが、T2の場合はそれでも余裕があるので、手間あたりの稼ぎを追及したい場合は十分選択肢に入る。

・工場長スタイル
必要トレーニング時間: 1か月/キャラ
収入の目安      : BP1枚当たり 3~5 mil / day
必要設備,環境:
 ・元手 (1キャラあたり3bil前後から)
 ・生産拠点
 ・大量の研究済みBP (1キャラ当たり20枚~)
 ・複数キャラクター
 ・輸送手段 (外注 or 輸送艦)

複数の生産キャラクターを擁し、大量のジョブを回し続けるプランテーションコープを作ってしまうスタイル。材料やBPを共有できるので管理が楽になる。
この規模になるとあらゆるコストダウン策を取り入れる事が推奨されるため、手数料の低いシステムに拠点を構え、手間の削減の為に輸送を外注し、数サイクル分の在庫を常に確保しつつ買いオーダーを常駐させるなど、様々な工夫をする必要がある。スプレッドシート等で在庫管理・市場調査・生産プランの管理さえできれば、生産ジョブ数が100を超えようとも意外と手間はかからなかったりする。


(3)輸送業


宇宙版ユーロトラックシミュレーター。フレイトマーケットから輸送契約を受注し、配送で稼ぐ業種。ハイセキュリティスペースでもガンカー(警察に撃沈されることを前提に特攻してくる海賊)が脅威となる為、安全な仕事ではないが、採掘以上の長時間放置で稼げるのが利点。カウボーイビバップのヘビーメタルクイーンに浪漫を感じる人にお勧め。

・NPCトレーダー
必要トレーニング時間: 1日未満
収入の目安      : 10 mil / hour
必要設備,環境:
 ・元手 (30mil前後から)
 ・輸送艦 (3mil前後)

大航海時代Onlineの交易と同様、NPCの売りオーダーと買いオーダーの差額で稼ぐプレイスタイル。ホロリールや抗生物質など、体積当たりの利益が高いものを選んで運び続ける。出資者さえ見つかれば直ぐにでも始めることが出来るので、序盤の資金を稼ぐには適している。但しオーダーを打ち間違えると一瞬でISKが弾け飛ぶので、そこだけは注意。

・フリーの運び屋
必要トレーニング時間: 1か月半(重トラ or フレイター)
収入の目安      : 20~50 mil / hour
必要設備,環境:
 ・担保金 (1bilから)
 ・重トラ (150mil前後)
 ・フレイター (1bil~)

メーリングリスト「Haulers channel」などから輸送契約を受注してひたすら運ぶ。中には担保金狙いの罠もあるので、受注の際には十分に注意する必要がある。

・運送会社社員
必要トレーニング時間: 1か月半(重トラ or フレイター)
収入の目安      : 40~60 mil / hour (手動運転)
               20 mil / hour (オートパイロット)
必要設備,環境:
 ・担保金 (1bilから)
 ・フレイター (1bil~)
 ・契約受注用キャラクター

大手運送会社Red Frog FreightやPush Industriesの社員となって稼ぐプレイスタイル。顧客に対して金額や担保金の上限等を提示しているため、危険な契約を受注せずに済む上、ガンク対策として社内保険制度もある。また、サービスのクオリティを売りにしている事から、フレイトマーケットよりも金額が高く設定されているのも利点。戦争対策として、社内キャラ(契約スキルと担保さえあれば良い)で契約を受注し、NPC会社所属の輸送キャラに渡して運ぶスタイルを取っている。

・契約JFパイロット
必要トレーニング時間: 5か月
収入の目安      : 300~400 mil / hour (Mordus Angels、world war bee全盛期。契約先コープの流通状況に依存)
必要設備,環境:
 ・担保金 (5bil~)
 ・JF (7bil)

主にNullセキュリティコープ等に所属し、ハイ~ヌル間のロジスティクスを担当する。燃料代を差し引いてもそこそこの儲けになる上、チップを払ってくれる人も多い。引っ越し等で大量の配送が必要になるタイミングで打診してみると良いかもしれない。


(4)詐欺


言葉巧みに他のプレイヤーを騙し、ゲーム内貨幣をを掠め取る業種。他のMMOでは蔑まれ、場合によっては運営からの処罰対象に当たる行為だが、EVEonlineではそれすらもプレイスタイルの1種であり、巧みな詐欺や盗みは称賛の対象にすらなり得る。
Jita星系のローカルチャット(99%詐欺)でカラクリを学び、真似をする所から始めるのが定石だろうか。

・ISKダブリング
必要トレーニング時間: 無し
収入の目安      : 数百 mil ~ 1 bil / day (聞き取り)
必要設備,環境:
 ・特になし

「ISKを送ってくれたら倍にして返すよ」と叫び続ける。返金する際のルールをゲーム仕立てにして、さも条件を満たした者に返金してるように見せかける、等の手口がある。

筆者はまだこの活動で稼いだ経験に乏しく、記事を作るのも恐縮だが、以下のサイト様にて詳しく検証されているので、そちらを参考にされたし。
詐欺の種類↓
ONI Wiki 詐欺まとめ
詐欺の検証↓
オンラインゲームでPKしまくるよ!




後日追加するかもしれない内容:
・リアクション
・ブースター製造
この記事のURL | Eve | CM(0) | TB(0) | ▲ top
[プレイスタイル] 対NPC戦闘系
- 2016/09/14(Wed) -
プレイスタイル例と、開始する上で必要な設備・準備時間などのまとめ。

トレーニング時間や収入はあくまでも目安なので、参考程度に。


(1)ミッション
(2)ラッティング
(3)インカージョン
(4)DEDサイト攻略



(1)ミッション


他のMMOで言うところの「クエスト」の遂行によって報酬を得るプレイスタイル。敵NPC海賊にかけられた懸賞金や、クライアントコープから付与されるLP(ローヤリティポイント、限定商品と交換できるポイントカード的なやつ)が主な収入源となる。活動範囲を安全宙域に限ると金銭効率は低いが、NPC企業と仲良くなりながらゆるく金を稼ぎたい場合、選択肢の一つとなる。


・Lv1ミッション
必要トレーニング時間: スタート時点から可
収入の目安      : 1~2 mil / hour
必要設備,環境:
 ・フリゲート(1mil前後)

ほぼ初期状態からでも開始できる、ミッションお試しコース。報酬が低すぎるので、素通りしたいプレイヤーはコネクションスキルを上げると良い(Lv3あれば、1度ミッションを完了するだけでL2に行ける)が、ストーリーの凝ったミッションも多いので、まったりこなすのも面白いかもしれない。

・Lv2ミッション
必要トレーニング時間: 4日前後 (巡洋艦と関連スキル)
収入の目安      : 2~4 mil / hour
必要設備,環境:
 ・巡洋艦 (15mil前後)

数日間の金策とトレーニングを経ると、Lv2ミッションの準備が整う。ダメージの減衰が気になり始め、対小型艦戦術が必要になる等、難易度は急に上がる。しかしこのレベルでも収入はLv1と大差なく、まだ下積みとしての位置付けとなる。攻略法はこちら

・Lv3ミッション
必要トレーニング時間: 3週間前後 (戦闘巡洋艦と関連スキル)
収入の目安      : 8~10 mil / hour
必要設備,環境:
 ・戦闘巡洋艦 (60mil前後)
 ・サルベージ駆逐艦 (4mil前後)

敵の構成が中型艦メインになり、懸賞金がそこそこ増える。戦闘巡洋艦以下は小規模PvPでも頻繁に使用されるので、ここまでのスキルトレーニングはPvPに転用しやすい。攻略法はこちら

・Lv4ミッション
必要トレーニング時間: 1か月半~2か月 (戦艦と関連スキル)
収入の目安      : 30 mil / hour
必要設備,環境:
 ・戦艦 (250mil前後)
 ・サルベージ駆逐艦 (4mil前後)

ハイセキュリティでのミッションはこのレベルで打ち止め。敵の火力が高い上にワープ妨害を仕掛けてくる敵船が頻繁に出現するため、適切な戦術を取らなければ撃沈する可能性がある。単独で手軽に遊べて、装備によっては半放置も可能なので、まったり派プレイヤーの最終着陸地点の一つ。

・Lv5ミッション
必要トレーニング時間: 6か月~ (Fac・T2・T3船等と関連スキル)
収入の目安      : 120 mil / hour
必要設備,環境:
 ・Gila,HAC,HIC,T3CL,CS,FacBS,マローダー等 (400mil~1.5bil)
  またはフリートによる攻略
 ・L5エージェント付きかつ比較的安全なLowセキュリティシステム

危険地域限定のミッション。頻出するニュートタワーや強力なNPCも厄介だが、プレイヤー海賊が最大の脅威で、ローカルには常に注意を払う必要がある。色々と苦労するが、完了の折には万単位のLPが手に入る。


(2)ラッティング


他MMOで言うところの「Mob狩り」で、アステロイドベルトやアノマリーに沸く敵NPC海賊を狩って生計を立てるプレイスタイル。主に危険地域での活動となるが、金銭効率は良い。但しミッションと違い、NPCコープのスタンディングが上がらない。

・Lowベルトラット
必要トレーニング時間: 2日 (駆逐艦と関連スキル)
収入の目安      : 12 mil / hour
必要設備,環境:
 ・駆逐艦 (2mil前後)
 ・適当なLowセキュリティスペース

対巡洋艦~戦艦用の駆逐艦を用意し、アステロイドベルトに沸く大きめの敵やクローンソルジャーを狩るプレイスタイル。必要トレーニング時間が短く、安い駆逐艦さえあればいつでもできる上に、クローンソルジャータグが特に高価で序盤の金策としては良い部類。危険地域故にプレイヤーに撃墜される可能性はあるが、そのリスクを差し引いても儲かる。ついでに危険地域の航行方法にも慣れておけば、PvPの役に立つだろう。戦闘スタイルは、近接兵装・アフターバーナー・気休めのリペアを装備し、500mオービットで敵を撃つだけ。

・Nullアノマリー
必要トレーニング時間: 1ヵ月半~2か月 (戦艦)
収入の目安      : 40 mil~ / hour (戦艦やHAC等)
             : 100 mil~ / hour (CV)
必要設備,環境:
 ・戦艦,HAC等 (250mil前後)
 ・比較的安全なNullスペース

Nullコープに所属する等で安全を確保し、アノマリーを攻略するスタイル。Nullセキュリティスペースでの金策としては主力的な位置づけになる。

・WHアノマリー
必要トレーニング時間: 3週間~
収入の目安      : 40 mil~ / hour (C1/2 T3DD, CL,BC等)
             : 120 mil~ / hour (C3 FacBS)
             : 300 mil~ / hour (C4 2accラトル,空母)
必要設備,環境:
 ・T3DD,BC等 (C1 100mil前後)
 ・FacBS等 (C3 500mil前後)
 ・空母 (C4 2bil~)

スリーパーのドロップ(NPC売却品)が収入源。ワームホール内では、発言がない限りシステム内のキャラクターがローカルウィンドウに表示されない。その為防ぎ難いロスが発生する可能性があるが、リスクとして割り切ってしまった方が良い。


(3)インカージョン


海賊勢力の侵攻を食い止めるイベント(自動発生)。他MMOで言うところの「レイド」に近い。ハイセキュリティPvEの中では最も稼ぎが良いが、当然要求スキル・難易度共に高め。なお、危険地域では報酬が50%程上乗せされる。

必要トレーニング時間: 2~3ヵ月(初参加まで), 5~6か月(ベテランとして)
収入の目安      : 10 mil~ / hour (スカウト)
             : 50 mil~80 mil / hour (ヴァンガード)
             : 80 mil~150 mil / hour (ヘッドクォーター)
必要設備,環境:
 ・BS(300mil~)
 ・Logi(250mil~400mil)
 ・FacBS(600mil~)


多人数用のアクティビティだが、自由参加フリート(英語)が常にあるので人数が足りないor独りぼっちでも遊ぶことはできる。
なお、スカウトは少人数用に設計されたサイトだが、報酬が非常に低い割に難易度が高く人気がない。

Shigemaru様による日本人のインカージョンチャンネル「JPN Inc」も有り、多くのベテランの方々が在籍されているので、船やフィットの相談はそちらでお願いすると良いかもしれない。


(4)DEDサイト攻略


宇宙の各地に発生する海賊の拠点を攻略して稼ぐアクティビティ。他MMOで言うところの「インスタントダンジョン」に近いが、探し当てる所から始めなければならない。収入源は主にレアドロップ品頼りなので、運が悪いとL3ミッションにも劣るが、当たると大きい(ハイセキュリティでも数百mil ~ 1bil)。期待値的にはレベル4ミッションを優に上回る(ドロップ率のデータが無いので経験談)。
ギャンブル的な要素が楽しい。

必要トレーニング時間: 3週間
収入の目安      : 50 mil~ / hour (DED5以下の攻略による期待値)
               他、調査・計測中
必要設備,環境:
 ・戦闘巡洋艦(70mil)
 ・探査用フリゲート(5mil)

人口の少ないエリアに戦闘艦・探査用フリゲートをそれぞれ配備、プロービングによりDEDサイトを発見次第、戦闘艦に乗り換えて攻略する。DEDサイトは難易度によって船のサイズ制限があり、ハイセキュリティスペースでは、戦艦が使用可能なDED5は稀。小型・高性能な船ほどDED攻略に使用しやすいので、余裕があればGilaやT3駆逐艦を用意したい。
この記事のURL | Eve | CM(2) | TB(0) | ▲ top
プレイスタイルとキャリア(初心者向け)
- 2016/09/13(Tue) -
EVEのプレイスタイルの一例

過去の記事の書き直し的なもの。

随時追加/変更中...


(1)戦闘系
 (1-1)対人戦闘系
  a. ローミング
  b. 義勇軍
  c. 傭兵
  d. ガンカー
  e. グリーファー
 (1-2)対NPC戦闘系
  a. ミッション
  b. ラッティング
  c. インカージョン
  d. DEDサイト攻略
(2)収穫系分野
  a. 探検
  b. 採掘
  c. 惑星開発
  d. サルベージ
(3商工業系分野
  a. トレーダー
  b. 製造業
  c. 輸送業
  d. 詐欺



(1)戦闘系分野


(1-1)対人戦闘系
領土や資源等の目的の為に、または単純に撃ち合いを楽しむために戦闘に明け暮れるプレイスタイル。
他のレベル制MMOでは非常に敷居が高くなる傾向にあるが、EVE onlineではそうでもなく、特に集団戦闘であればプレイ開始から間もない初心者でも参入しやすい。但し個人レベルで強力な戦闘パイロットとなるには、多少のキャラクター育成時間とそれなりのプレイヤー経験が必要になってくる。
基本的には金を稼ぐよりも、金を使って楽しむ活動なので、序盤から楽しみたい場合は艦船支給や撃沈補償を行っているグループに所属させて貰うと良い。そうでない場合は、おそらく金策手段が別途必要となる。
プレイスタイル例
  a. ローミング
  b. 義勇軍
  c. 傭兵
  d. ガンカー
  e. グリーファー

(1-2)対NPC戦闘系
一般的なMMOでメインとなっているプレイスタイル。いわゆるMob狩り。後述する収穫系分野に近い性質を帯びるが、イメージ的にこちらに分類した。
ゲーム開始時から始めやすい活動の一つだが、本格的な金策として期待するには1ヵ月程度の下積みが必要となる。対NPC用の戦闘スキルは、対人戦闘系でも有用なものが多いため、対人戦闘系の分野を目指す人のサブ活動としても有用。
個人レベルで活動する場合はサルベージスキルなどで収入を底上げすることも検討すると良い。
プレイスタイル例 ↓リンク先に詳細情報有り
  a. ミッション
  b. ラッティング
  c. インカージョン
  d. DEDサイト攻略


(2)収穫系分野


物作りに必要な素材を集める分野。活動を始める為に必要なスキルや設備,リスクが少ない割に、そこそこまとまった金を手っ取り早く稼げる。序盤の金策としては優秀なプレイスタイル。
プレイスタイル例
  a. 探検
  b. 採掘
  c. 惑星開発
  d. サルベージ


(3)商工業系分野


製造や交易等、プレイヤー相手の商売によって利益を生み出すプレイスタイル。売買関連の活動は、商品知識や値動きのチェック等が必要になる事と、投資額にほぼ比例して利益が出る事から、金と知識のあるプレイヤー向け。PIを除く収穫系分野に比べると、稼ぎに対する手間が少ないので、メインの活動とは別口で収入が確保できるという利点がある。対人戦闘系で金を使った分を、片手間の商工業で補填するといった事も可能。
輸送業は
プレイスタイル例 ↓リンク先に詳細情報有り
  a. トレーダー
  b. 製造業
  c. 輸送業
  d. 詐欺



(4)その他


この項目どうしよう(・q・)
  a. ギャンブラー


(5)ゲーム外活動系


詳細ページは作成しないが、次のような活動も有り
・DJ
・プログラマー
・翻訳家
・ジャーナリスト
この記事のURL | Eve | CM(2) | TB(0) | ▲ top
広告を消しておく
- 2016/07/15(Fri) -
:)

なんか書くか
この記事のURL | Eve | CM(2) | TB(0) | ▲ top
交易・トレードガイド
- 2016/02/11(Thu) -
トレードのさわりだけ。

目録
(1)トレードの概要
(2)トレードの種類
 (2-1)交易
 (2-2)ステーショントレード
 (2-3)廃品回収
 (2-4)NPCトレード
(3)トレードキャラを作る
 (3-1)トレードキャラの在り方
 (3-2)スキル
 (3-3)税金対策



(1)概要


物を安く買って高く売り、利益を上げる活動。他の大部分のMMOと異なり、プレイヤーによる市場経済が成り立っている事がEVEオンラインの特徴であり、生きた人間を相手に取引を行うため、PvPに分類されることもある。
数あるEVEオンラインのアクティビティの中でも、最も稼げるコンテンツの一つである。


(2)トレードの種類と手法


(2-1)ステーション間交易
2点間のステーションの価格差から利益を生み出す。Jita,Amarr,Dodixie,Rens,Hekといった主要ハブ間で行われる事が多い。利益率は比較的良好で、フレイター1隻あたり片道100mil前後の利益は難しくない。
欠点としては、輸送方法を確立する必要がある事。また、リアルタイムな相場監視のため、サブアカウントの使用が推奨される。
Tips: EVE-centralなどのトレードツールを用いてプランを立てるとやりやすい。但し一見利益が良くても売り抜き辛いアイテム等には注意。また、突発的に高騰している商品も割とすぐに暴落するので、あまり利益を期待しないほうがいい。フレイターなら薄利多売くらいが丁度良い。

(2-2)ステーショントレード
一つのステーション内で売りオーダーと買いオーダーを同時に出し、その価格差から利益を得る手法。1キャラで完結する手軽さが魅力で、オーダーの数に比例して利益も増える。
欠点としては、利益率が低いため売買税を常に気にする必要がある事と、オーダーが増えるに従い価格の更新が若干面倒になる事が上げられるが、それでも手間に対して稼ぎは優秀。
1日の稼ぎはステーショントレードに5bil投資し、定期的にオーダーを更新した場合、数百mil/日 程度(体感)。
Tips: ステーショントレードでは、高額かつ利益率の低い商品に特に注意すること。PLEXなどは取引量も多く、売買の価格差も数10mil程度あるが、税金も同様に数10mil程度かかる事があるので、しっかり計算しないと実はマイナスになっているという事もある。なお、売り買い両方オーダーを出して取引する際は、2回分のブローカー手数料(0.25~4%)と、1回分のセールスタックス(0.75~1.5%)を取られる。
税率の合計 > 利益率 ではただの赤字。


(2-3)廃品回収
ハブ周辺のシステムにて安値で売られている商品を買い付け、ハブに持ち込んで売る手法。
少数の安売りオーダー頼みなので、大規模に行うことは出来ないが、利率が良い上、手早く現金に戻しやすいためトレード初心者向け。
Tips:リージョンをまたいで商品を探したほうが、安売りを見つけやすい。Jitaで販売することを考えるならば、Lonetrekやthe Citadelに足を延ばして商品を漁ると良い。

(2-4)NPCトレード
トレード品のNPC販売・買取の価格差を利用したお金稼ぎ。イメージとしては大航海時代シリーズの近海交易そのもの(ただしEVEは遠方から相場チェックが可能)。プレイヤー相手のトレードよりも利益は大きく劣るが、輸送艦スキルのみで行う事ができ、採掘艦並みの時給となる場合もあるので、ゲーム最序盤の金稼ぎには良い。
Tips: NPCの売買量には上限がある。上限を超えると相場が変動する。また、1回の取引で上限を超える数の売買は出来ない。(NPCの買いオーダーの上限を超えて商品を売りつけると、買われなかった分が自分の売りオーダーとして残ってしまう。そしてそんな物は誰も買わない。 ※即時売りの場合は心配無用)


(3)トレードキャラを作る


(3-1)トレードキャラの在り方
トレードキャラは基本的に、ステーションから出ない事が望ましい。
トレードキャラを輸送役として用いるのも良いが、いざ相場チェックや価格調整が必要になった時に、ハブから離れていてはやや不便さがある。また、輸送キャラとして育てていくにつれて、JFの運用などでハブから離れる時間も長くなるため、可能なら分けるべきである。

(3-2)スキル
トレード関連のスキルは次のとおり。
①オーダー数増加系 (RetailをLv2か3まで上げれば割と十分。ステーショントレードを極めるならTycoonも視野に)
Trade
Retail
Wholesale
Tycoon

②レンジ系 (輸送兼用キャラならDaytradingがあると少し便利。ステーションから出ないなら不要)
Marketing
Daytrading
Procurement
Visibility

③節税系 (AccountingとBroker Relationsは5までの取得を。Margin Tradingは資金が少ないうちは便利だが、重要ではない。)
Accounting
Broker Relations
Margin Trading

(3-3)税金対策
トレードに関連する税金は主に次のとおり。

①セールスタックス
マーケット上で売買が成立した際、売り手が払う税金。売値の1.5%をベースに、Accountingスキルレベルごとに0.15%ずつ減税される。

②ブローカー手数料
マーケット上にオーダーを登録する際にNPCに支払われる手数料。オーダーを登録するステーションの会社および、ファクションに対するスタンディングによって増減する。また、Broker Relationsスキルごとに0.05%安くなる。具体的な公式は次のとおり。
手数料 = (1 – 0.05 * Broker Relationsスキルレベル) / 2^(0.14 * ファクションスタンディング + 0.06 * コープスタンディング)

税金の対策としては次の3種類が考えられる。
A. AccountingスキルおよびBroker Relationsスキルを上げる
B. スタンディングを上げる
C. マーケットを経由しない取引方法を取り入れる


B.のスタンディングについては、connectionなどのソーシャルスキルを上げ、データセンターでスタンディングを買い、ミッションやCos-mosをこなす事で地道に上げるのがポピュラーである。
ファクションスタンディングに関しては、FWミッションをこなして階級を上げることで、スタンディングの底上げする事が出来る。但し敵対ファクションのスタンディングは下がるので、運用ステーションを限定する場合に推奨される。

C.に関しては、メーリングリスト「Wholesale Trading」等でバルク売りされている品を契約で購入することで、相場より安く、かつ税金を払わずに調達出来る可能性がある。
この記事のURL | Eve | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | Next page>>